スタッフブログ

外壁塗装の耐用年数は30年?塗料別の寿命もご紹介!

2023.11.10

みなさん、こんにちは!! 外壁屋根の塗装専門店の深井塗装です!

深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型外壁塗装専門店です。

◎深井塗装のサービス内容

外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事

外壁塗装の耐用年数は30年といわれることもありますが、実際はどうなのでしょうか。
この記事では、外壁塗装の耐用年数についての一般的な誤解と、塗料別の耐用年数を解説します。
耐用年数によって塗装の頻度やコストが大きく変わるため、しっかりとした知識を持てるよう、以下で確認していきましょう。

 

◻︎外壁塗装の耐用年数は30年?

* 耐用年数の誤解と現実

外壁塗装の耐用年数は一般的に10年から20年とされています。

しかし、時折「外壁塗装は30年もつ」と主張する人も存在します。
このような主張は、多くの場合、誤解や誇大広告に基づいています。
耐用年数とは、一般的な使用状況下での塗料や施工の品質が保証される期間を指すものであり、それ以上の期間持続するわけではありません。

*環境要因と耐用年数

耐用年数は、単にメーカーや施工会社が示す数字では完結しません。
特に台風が多い地域など、特殊な環境下では、耐用年数が短くなりやすいです。

そのため、地域や気象条件を考慮した上で、適切な塗料と施工方法を選ぶようにしましょう。

 

◻︎塗料別の外壁塗装の耐用年数

外壁塗装の耐用年数は塗料によってどのくらい変わるのでしょうか。
以下で確認していきましょう。

1:アクリル系塗料

アクリル系塗料は、発色が良く、多彩な色合いが魅力です。
一方で、耐用年数は3年8年と短く、紫外線による劣化が速い傾向にあります。
費用は比較的安いため、頻繁な塗り直しを前提とした塗料と言えるでしょう。

アクリル系塗料を使用する施工会社は減少傾向にあるため、施工会社に依頼する際には注意が必要です。

2:ウレタン系塗料

ウレタン系塗料は、柔軟性が高く、多様な下地に適用可能です。
また、耐用年数は6年から10年と、アクリル系よりも長めです。
さらに、汚れや色褪せにも強く、コストパフォーマンスに優れています。

施工場所を選ばず、使い勝手の良い塗料と言えるでしょう。

3:シリコン系塗料

シリコン系塗料は、耐水性と耐久性が高く、耐用年数は8年から15年です。
価格は中程度ですが、その性能に見合ったコストと言えます。

シリコン系塗料を使用して外壁塗装する施工会社も多く、色の選択肢も広いため、迷ったらこの塗料を選ぶことをおすすめします。

4:フッ素系塗料

フッ素系塗料は、耐熱性と耐寒性に優れ、耐用年数は12年から20年と最も長いです。
価格は高めですが、その性能は確かで、特にメンテナンスが困難な場所でよく使用されます。

 

◻︎まとめ

外壁塗装の耐用年数は、一般的には10年から20年とされていますが、塗料や環境によって大きく変わります。
耐用年数だけでなく、その他の要因も考慮して、最適な塗料と施工方法を選ぶことが重要です。
この記事を参考に、より賢い外壁塗装の選択をしていただければ幸いです。

監修者情報

代表挨拶

深井塗装が提案する塗装プランは、お客様の住まいに最適な塗料と施工方法を選択しています。定期的な塗装は、見た目を一新させると同時に、家の腐食や劣化を防ぐための役割を果たしています。

深井塗装では、施工前に近隣への配慮も忘れず、あいさつまわりやお知らせチラシを投函しているので、これまで施工中に近隣トラブルが起こったことはありません。東京都でのアステック施工実績No.1を獲得していることも、深井塗装の大きな強みです。

代表はもちろん、スタッフや職人と一丸となり、お問い合わせからアフターフォローまで、全力で作業していきます。

スタッフ紹介はこちら