スタッフブログ - New 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > スタッフブログ > New

Newの記事一覧

2024年04月16日 更新

塗料の性能を分かりやすく解説

深井塗装は、国家資格を持つ自社職人が施工する地域密着型の外壁塗装専門店です。 サービス内容は外壁塗装、屋根塗装、屋根カバー工法、屋根葺き替え工事、防水工事、シーリング工事を提供しています。 足立区・荒川区・葛飾区・北区・草加市、他東京23区で屋根工事や外壁塗装をお考えの方はお気軽に弊社へご相談ください。   今回のテーマは塗料の性能について🖊️ 塗料に関する項目の詳細 塗料を紹介してもらう際によく聞く「○○性」や「期待耐用年数」という言葉、その意味がよく分からないことが多いですよね。ここではこれらの項目をしっかりと紹介させていただきます。   ■期待耐用年数 塗装工事から次の塗り替え時期までの目安として設定される年数のことを期待耐用年数と呼びます。この期間は、促進耐候性試験の結果を基に設定されますが、立地条件や環境の影響を受けるため、耐久年数を保証するものではありません。 例えば、雪やマイナス気温の多い地域、雨や紫外線が強い地域、日照時間が長い地域、海岸や温泉街などの厳しい環境下では、劣化が早まる傾向があります。これらの環境下にある建築物は、期待耐用年数よりも早く劣化する可能性があります。 ■低汚染性 低汚染性とは、雨垂れ汚れ等の発生や汚れの付着度合いの基準のことです。つまり、どれだけ汚れが付きにくいかということを示します。汚れがついてしまうと外観に影響を及ぼすだけでなく、放置すると劣化につながる可能性もあります。ご検討中の塗料が低汚染性を備えているかどうかをチェックすることをおすすめします。 ■遮熱性 遮熱性とは、太陽の光を吸収しないように反射する性質を指します。遮熱性が高い塗料を使うことで、お家のつくりにも室内温度を約1℃~3℃下げることができます。夏の室内を快適にしたい方には特におすすめです。 ■防カビ性 防カビ性は、カビや苔が塗膜に根付きにくくなる性能のことです。ただし、基準はメーカーによって異なるため、防カビ性を重視される方は内容をよく確認することをおすすめします。   以上が塗料の性能についてのご紹介です。性能について聞かれた際に参考にしていただければ幸いです😊   深井塗装は、地元の外壁塗装・屋根工事をメインに、外装リフォーム工事を行っています。 ① 地域密着対応 主に東京23区を中心に埼玉県南部、千葉県で活動しています。屋根・外壁工事の無料現地調査・お見積もりを行い、「何かあったら直ぐに駆け付ける」をモットーに迅速な対応を心掛けています。 ② 安心価格。 交通費や時間の削減を図り、適正価格でお見積もりを提供しています。ご予算に合わせて工事内容を提案することも可能です。 ③ 的確なプランの提案 お客様の将来設計や劣化状況を考慮し、会社都合でなくお客様に最適なプランを提案します。お見積りは複数パターンを作成しています。 ④ 安心保証 屋根リフォーム工事には最大25年の保証、外壁塗装工事には10~15年の保証が付いています。アフターメンテナンスや万が一のトラブルにも迅速に対応します。 ⑤ 火災保険申請のサポート 屋根の被害状況を調査し、火災保険の申請やアドバイスを行っています。経験豊富なプロにお任せください。 屋根修理や外壁塗装をご検討中の方は、まずは無料の屋根点検・お見積もり・雨漏り調査を受けてみることをお勧めします。深井塗装では無理な営業はいたしませんので、お気軽にご相談ください!

New

2024年04月16日 更新

足立区の助成金で外壁塗装や屋根塗装をお得に! 申請から工事完了報告まで無料代行します!

深井塗装は、国家資格を持つ自社職人が施工する地域密着型の外壁塗装専門店です。 サービス内容は外壁塗装、屋根塗装、屋根カバー工法、屋根葺き替え工事、防水工事、シーリング工事を提供しています。 足立区・荒川区・葛飾区・北区・草加市、他東京23区で屋根工事や外壁塗装をお考えの方はお気軽に弊社へご相談ください。   足立区民の皆様必見! 足立区では、令和6年4月以降に行われる外壁塗装や屋根塗装に対し、最大5万円の助成金が提供されます。 さらに、毎年足立区では省エネリフォーム補助金制度もあります。この制度は、足立区内の建物や住宅の省エネルギー化を目指す改修を行った方に、予算の範囲内で一部費用を補助するものです。これにより、住宅の省エネルギー化が促進され、低炭素社会の構築が進むことを目指しています。 助成金の上限額は5万円です。足立区在住の方は、この機会にぜひご利用ください。   申請は弊社が無料代行をいたしますのでお任せください!   補助対象工事 の種別 補助対象工事の内容 ガラスの交換 既存のガラスを熱貫流率が2.33以下であるものに交換すること 窓の交換 既存の窓を熱貫流率が2.33以下であるものに交換すること 内窓の新設 既存の窓の内側に新たに熱貫流率が2.33以下である窓を設置すること 断熱材の設置 熱伝導率が0.041以下である断熱材を設置すること ただし、天井断熱工事に用いる吹込み断熱材の場合は、R値(熱抵抗値)が2.7以上であること 遮熱塗装 近赤外線領域における日射反射率が50%以上の塗料で塗装すること   利用できる方 ※工事着工前の申請が必要です。 以下の要件、1から11のすべてを満たす方 工事の着工前であること。 ※申請書類は、工事着工予定日の3開庁日前までにご提出ください。 ※足場をかけた時点で、工事を着工したと判断いたします。 区内の自らが居住する既存の住宅で、その所在地が住民登録地と同一であること。 ※遮熱塗装の場合は、戸建て住宅であること。 補助対象工事に使用する製品が新品であること。 補助対象工事の請負業者が区内業者であること。 同一年度内において、本要綱に基づく補助金の交付を受けていないこと。 令和7年2月28日までに工事を完了し、令和7年3月31日までに完了報告を行えること。 ※ 完了報告時に、領収書等の添付が必要となりますので、ご注意ください。 補助の対象となる経費が、税抜き5万円以上であること。 不動産登記上の一棟の建物単位での申請であること。ただし、集合住宅の場合は一戸単位での申請とする。 補助対象工事を行う種別が、過去5年以内に本要綱に基づく補助金の交付決定の対象となっていないこと。 補助対象者に住民税の滞納がないこと。 補助対象工事について、区から当該本補助金以外に補助金に係る交付決定を受けていないこと。 以上が足立区助成金の詳細となります。   深井塗装では東京23区の助成金申請も無料代行しております! 地域 補助金名 上限 対象者 算出方法 足立区 省エネリフォーム補助金 5万円 足立区に住民登録がある個人で、対象住宅に自ら居住している 補助対象経費1/3に相当する額 葛飾区 かつしかエコ助成金 20万円 葛飾区内に自ら居住している個人(または居住する予定)で、原則として世帯主である者 ・施工面積(㎡)に1,000円を乗じた金額 ・助成対象経費の4分の1(税抜) のいずれか低い金額 新宿区 新宿区個人住宅用新エネルギー及び省エネルギー機器等導入補助金制度 20万円 新宿区内に自ら居住している個人(または居住する予定) 施工面積(㎡)に2,000円を乗じた金額 墨田区 地球温暖化防止設備導入助成制度 20万円 墨田区内に建築物を所有する個人 工事費用の10%(税抜) 江東区 江東区地球温暖化防止設備導入助成事業 20万円 区内に存する住宅 施工面積(㎡)に1,000円を乗じた金額 世田谷区 世田谷区環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金 20万円 世田谷区内に住宅を所有し、自らが居住している世田谷区民 工事経費の10%まで 港区 港区高反射塗料等材料費助成 30万円 区内住宅 ・高反射塗料などの材料費の全額 ・助成対象面積(㎡)に2,000円を乗じた金額のいずれか低い金額 中央区 中央区住宅用自然エネルギー及び省エネルギー機器等導入費助成 10万円 区民 導入費の20% 台東区 高反射塗料施工助成金制度 15万円 区内に存する住宅 ・助成対象塗布面積(㎡)に2,000円を乗じた金額 ・工事費用の2分の1(税抜)のいずれか低い金額 大田区 住宅リフォーム助成事業 上限20万円 区内に存する住宅 助成対象額の5%~10% 品川区 住宅改修工事助成事業 20万円 工事対象住宅に居住している、または改修後に居住する品川区民 工事費用(税抜)の10% 目黒区 住宅リフォーム資金助成 10万円 目黒区民が区内に所有し、自身で居住する居住用住宅の増改修 工事費用(税抜)の10% 渋谷区 住宅簡易改修工事助成金 10万円 目黒区に住民登録がある個人で、対象住宅に居住している 工事費用(税抜)の10% 千代田区 令和4年度ヒートアイランド対策助成 10万円 高反射率塗料や熱交換塗料を使用 助成対象経費の50% 北区 新エネルギー及び省エネルギー機器等導入助成 10万円 区内に存する住宅 助成対象経費の50% 豊島区 住宅修繕・リフォーム資金助成事業 10万円~ 豊島区内に引き続き2年以上居住の個人住宅 助成対象工事に要した経費(消費税を除く)の30%以内 杉並区 杉並区低炭素化推進機器等導入助成【エコ住宅推進助成】 15万円 対象住宅を所有する杉並区民、またはこれから杉並区民になる個人 塗布面積(㎡)に1,000円を乗じた金額   深井塗装は、地元の外壁塗装・屋根工事をメインに、外装リフォーム工事を行っています。 ① 地域密着対応 主に東京23区を中心に埼玉県南部、千葉県で活動しています。屋根・外壁工事の無料現地調査・お見積もりを行い、「何かあったら直ぐに駆け付ける」をモットーに迅速な対応を心掛けています。 ② 安心価格。 交通費や時間の削減を図り、適正価格でお見積もりを提供しています。ご予算に合わせて工事内容を提案することも可能です。 ③ 的確なプランの提案 お客様の将来設計や劣化状況を考慮し、会社都合でなくお客様に最適なプランを提案します。お見積りは複数パターンを作成しています。 ④ 安心保証 屋根リフォーム工事には最大25年の保証、外壁塗装工事には10~15年の保証が付いています。アフターメンテナンスや万が一のトラブルにも迅速に対応します。 ⑤ 火災保険申請のサポート 屋根の被害状況を調査し、火災保険の申請やアドバイスを行っています。経験豊富なプロにお任せください。 屋根修理や外壁塗装をご検討中の方は、まずは無料の屋根点検・お見積もり・雨漏り調査を受けてみることをお勧めします。深井塗装では無理な営業はいたしませんので、お気軽にご相談ください!

New

2024年04月14日 更新

もしかして雨漏り?天井のシミ発見!原因別対策と正しい対応

みなさん、こんにちは!! 外壁屋根の塗装専門店の深井塗装です! 深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型の外壁塗装専門店です。 ◎深井塗装のサービス内容 外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事 足立区・荒川区・葛飾区・北区・草加市、他東京23区の屋根工事・外壁塗装の事なら是非、弊社にお任せください。   家のメンテナンスに関心が高い実用的な家の持ち主にとっては、天井のシミは非常に気になる問題でしょう。 天井のシミをなくすためには、その原因と適切な対応策を知ることが大切です。 この記事では、天井のシミが発生する主な原因と、それぞれの特徴を解説し、対策方法を提供します。   □天井のシミの原因は雨漏りだけでは無い!5つの主な原因とその見分け方 天井にシミが発生する理由は、実は雨漏りだけではありません。 それ以外にも、いくつかの原因が考えられます。 以下にその原因と、それぞれの特徴をみていきましょう。 1:雨漏り 雨漏りが原因のシミは、屋根材のズレや排水口の詰まりなどから生じます。 木材の変色やジワっとした水分の広がりが特徴です。 2:ラミネート天井の接着剤 ラミネート天井の接着剤によるシミは、直線状にしみ出ることが特徴です。 これは雨漏りと間違えやすいため、注意が必要です。 3:害獣の糞尿 屋根裏に住み着いた害獣の糞尿からシミが発生することもあります。 物音や足音が聞こえる場合は、この可能性を疑うべきです。 4:屋根裏の結露 断熱が不十分な屋根裏では、結露によるシミが生じます。 換気不足や配水管の問題が原因です。 5:給水管・排水管の水漏れ 給水管や排水管の水漏れも天井シミの原因です。 特に古い建物では、この原因によるシミが発生しやすいです。 これらの原因を理解することで、シミの正しい対応が可能になります。 □天井にシミを発見したら?初動対応の3ステップ 天井のシミを見つけたとき、適切な対応は重要です。 ここでは、シミの原因に応じた対処法と、具体的な初動対応のステップを紹介します。 1:シミの原因を確認 まずは、シミがどのような状況で生じるか観察します。 雨が関係しているか、常時発生しているかで原因が異なるため、この確認が重要です。 2:室内の風通しを改善 特に結露や湿気が関連している場合、室内の風通しを良くすることで改善が見込めます。 3:プロへの相談 専門家に相談することで、根本的な原因解決に繋がります。 特に雨漏りの場合、早急な対応が必要です。 以上のステップにより、天井のシミに効果的に対処できます。 □まとめ この記事では、天井にできるシミの主な原因とその見分け方、初動対応の方法について解説しました。 原因の特定と適切な対応が、家の天井のシミ問題を解決するための第一歩です。 これらの情報を活用し、快適な住環境を維持してより綺麗なマイホームを実現しましょう。   深井塗装は、地元の外壁塗装・屋根工事をメインに、外装リフォーム工事を行っています👍 ① 地域密着対応 主に東京23区を中心に埼玉県南部、千葉県で活動しています。屋根・外壁工事の無料現地調査・お見積もりを行い、「何かあったら直ぐに駆け付ける」をモットーに迅速な対応を心掛けています。 ② 安心価格 交通費や時間の削減を図り、適正価格でお見積もりを提供しています。ご予算に合わせて工事内容を提案することも可能です。 ③ 的確なプランの提案 お客様の将来設計や劣化状況を考慮し、会社都合でなくお客様に最適なプランを提案します。お見積りは複数パターンを作成しています。 ④ 安心保証 屋根リフォーム工事には最大25年の保証、外壁塗装工事には10~15年の保証が付いています。アフターメンテナンスや万が一のトラブルにも迅速に対応します。 ⑤ 火災保険申請のサポート 屋根の被害状況を調査し、火災保険の申請やアドバイスを行っています。経験豊富なプロにお任せください。 屋根修理や外壁塗装をご検討中の方は、まずは無料の屋根点検・お見積もり・雨漏り調査を受けてみることをお勧めします。深井塗装では無理な営業はいたしませんので、お気軽にご相談ください!

New

2024年04月10日 更新

屋根をグレーに塗るなら知っておきたい!美しさと機能性を兼ね備えた選び方

みなさん、こんにちは!! 外壁屋根の塗装専門店の深井塗装です! 深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型の外壁塗装専門店です。 ◎深井塗装のサービス内容 外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事 屋根や外壁の塗装は、住まいの印象を大きく左右する要素です。 特に屋根の色選びは、家全体の雰囲気を決定づける重要なポイントとなります。 グレーの屋根塗装は、機能性とデザインの両面で優れた選択肢として注目されています。 この記事では、グレーの屋根がもたらすメリットと、上手な選び方についてご紹介します。 □グレーの屋根がもたらす3つのメリット グレーの屋根は、見た目の美しさだけではなく、機能面においても多くのメリットを提供します。 ここでは、グレーの屋根の主なメリットを3つ挙げてみましょう。 1:遮熱効果による室内温度の調節 遮熱塗料を用いたグレーの屋根は、室内の温度を快適に保つ効果があります。 特に夏の暑い季節には、グレーの屋根が太陽の熱を吸収しにくいため、室内が暑くなりにくく、エアコンの使用量を減らすことにもつながります。 2:汚れが目立ちにくい グレーは、黒や白に比べて汚れや色あせが目立ちにくい色です。 そのため、塗り替えの頻度を抑えられ、長期間にわたって家の外観を美しく保つことが可能です。 3:どんな外壁色とも相性が良い グレーは無彩色であるため、どんな色の外壁とも調和しやすい色です。 このため、屋根の色で悩んだ際には、多くの家主がグレーを選ぶことがあります。 □お家を引き立てる!グレーの屋根の選び方 お家の外観を決定づける重要な要素の一つが屋根の色です。 特に、グレーの屋根はそのシックで洗練された見た目から、多くの家庭で選ばれています。 しかし、その魅力を最大限に引き出すためには、いくつかのポイントに留意する必要があります。 ここでは、グレーの屋根を選ぶ際のポイントを、より詳細に解説していきます。 1:外壁の色とのコントラストを考える グレーの屋根を選ぶ際、まず考慮すべきは外壁の色とのコントラストです。 グレーという色は、その明るさによって大きく印象が変わるため、外壁の色との組み合わせによっては、家全体のバランスが崩れることもあります。 例えば、外壁が暗い色調のネイビーやチャコールグレーの場合、より白に近い明るめのグレーを選ぶことで、コントラストを生かした美しい外観を創出できます。 逆に、外壁が明るいベージュやライトイエローなどの場合は、より暗めのグレーを選ぶと、全体にメリハリが生まれます。 外壁とは異なる明るさのグレーを選ぶことで、お家の外観に深みと豊かな表情を与えられます。 2:窓サッシの色との調和を意識する 次に重要なのが、窓サッシの色との調和です。 窓サッシは一度設置されると色の変更が困難なため、屋根の色と調和する色を選ぶことが肝心です。 特に、シルバーやライトグレーなどのサッシがある場合は、似た色味のグレーを選ぶことで、外観に一体感をもたらします。 □まとめ グレーの屋根は、遮熱効果、汚れの目立ちにくさ、そして多くの外壁色との相性の良さから、多くの家主に選ばれる色です。 適切なグレーの屋根を選ぶことで、機能性と美観の両方を兼ね備えた理想の家を実現できるでしょう。   深井塗装は、地元の外壁塗装・屋根工事をメインに、外装リフォーム工事を行っています😊 ① 地域密着対応 主に東京23区を中心に埼玉県南部、千葉県で活動しています。屋根・外壁工事の無料現地調査・お見積もりを行い、「何かあったら直ぐに駆け付ける」をモットーに迅速な対応を心掛けています。 ② 安心価格 交通費や時間の削減を図り、適正価格でお見積もりを提供しています。ご予算に合わせて工事内容を提案することも可能です。 ③ 的確なプランの提案 お客様の将来設計や劣化状況を考慮し、会社都合でなくお客様に最適なプランを提案します。お見積りは複数パターンを作成しています。 ④ 安心保証 屋根リフォーム工事には最大25年の保証、外壁塗装工事には10~15年の保証が付いています。アフターメンテナンスや万が一のトラブルにも迅速に対応します。 ⑤ 火災保険申請のサポート 屋根の被害状況を調査し、火災保険の申請やアドバイスを行っています。経験豊富なプロにお任せください。 屋根修理や外壁塗装をご検討中の方は、まずは無料の屋根点検・お見積もり・雨漏り調査を受けてみることをお勧めします。深井塗装では無理な営業はいたしませんので、お気軽にご相談ください!  

New

2024年04月07日 更新

外壁を縦のツートンで彩る!あなたの家のデザイン性を高めましょう!

みなさん、こんにちは!! 外壁屋根の塗装専門店の深井塗装です! 深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型の外壁塗装専門店です。 ◎深井塗装のサービス内容 外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事 足立区・荒川区・葛飾区・北区・草加市、他東京23区の屋根工事・外壁塗装の事なら是非、弊社にお任せください。 自宅の外観、もっと魅力的に。 多くの人が望む独自のスタイル、それを実現するにはどうすれば良いでしょうか。 ツートンカラーの外壁デザインをスタイリッシュかつ個性的にするポイントをご紹介します。 興味のある方は、この先をお読み進めください。 □縦のラインで魅せるツートンカラーの外壁デザイン 縦方向のツートンカラーデザインは、メリハリのあるスタイリッシュな仕上がりを実現します。 以下は、縦に色分けをしたツートンの事例を3つ紹介します。 1:茶色とベージュ 茶色とベージュを縦に配したツートンデザインは、自然な色合いが魅力の一つです。 この組み合わせは、モダンかつ穏やかな外観を演出し、住宅の魅力を引き立てます。 2:ネイビーと白 ネイビーと白の縦のツートンは、海を思わせる爽やかな外観を実現します。 特にこのデザインは、明るい白を基調としながら、ネイビーでアクセントを加えることで、爽やかさの中にも深みを感じさせます。 3:グレーと白 グレーと白を縦に組み合わせた外壁は、シンプルながらも洗練された美しさを持ちます。 この組み合わせでは、モダンながらも柔らかな印象を住宅に与えられます。 グレーを垂直に配置することで、建物に動きとリズムを生み出し、スタイリッシュな外観を実現します。 □ツートン外壁を決める3つのステップ ツートンカラーの外壁を選ぶ際は、以下の3ステップが役立ちます。 1:ベース色の選択 ツートンデザインの最初のステップは、ベースとなる色の選択から始まります。 この色は、家全体の印象を決定づけるため、慎重に選ぶ必要があります。 淡い色は、空間を明るく広く見せる効果がありますが、濃い色を選ぶと、より洗練された、大人の雰囲気を演出できます。 2:アクセント色の決定 ベース色が決まったら、次にアクセントとなる色を選びましょう。 この色は、ベース色と調和し、同時にコントラストを生み出すことで、外観に深みと魅力を加えます。 色の選択は、住宅の周囲の環境や光の条件、さらには所有者の好みによっても異なります。 理想のイメージを具体化するために、さまざまなカラーチャートや資料を参考にすると良いでしょう。 3:色見本でのイメージ確認 最後に、実際の色見本を使用して、最終的な外観のイメージを確認します。 小さなカタログや画面上の色では実際の外観を正確にイメージすることが難しいため、できるだけ大きな色見本を用いて、自然光の下で色を確認することが推奨されます。 このステップにより、期待通りの結果が得られるかどうかを事前に把握し、必要に応じて調整できます。 □まとめ ツートンカラーの外壁デザインは、自宅に独自の個性とスタイルを加える素晴らしい方法です。 この記事で紹介した事例とステップを参考にしながら、あなただけの魅力的な外観を実現してください。 外壁塗装でお悩みの方はぜひ当社までご相談くださいね。

New

2024年04月06日 更新

自然災害での外壁・屋根修理は火災保険でおトク! 申請方法も簡単にご紹介!

深井塗装は、国家資格を持つ自社職人が施工する地域密着型の外壁塗装専門店です。 サービス内容は外壁塗装、屋根塗装、屋根カバー工法、屋根葺き替え工事、防水工事、シーリング工事を提供しています。 足立区・荒川区・葛飾区・北区・草加市、他東京23区で屋根工事や外壁塗装をお考えの方はお気軽に弊社へご相談ください。   ■今回のテーマは火災保険で工事がお得に! です。     火災保険を使うとお得かもしれません!自然災害による外壁や屋根の修理は保険で対応可能? 知らないと損するかもしれません!自然災害による外壁や屋根の修理は、火災保険を利用するとお得かもしれません。     お客様が現在のお住まいに火災保険をかけている場合、台風・強風・竜巻・水害・大雪・雷などの自然災害による外壁や屋根の修理費用が、保険金から支払われる可能性があります。  具体的には、雨樋や屋根、外壁、窓ガラス、カーポート、玄関ポーチなどの破損も対象となります。  修理が完了し、費用が支払われていても、領収書があれば申請できます。ただし、地震による損害は地震保険が適用され、火災保険では対応できません。   ■当社で申請サポート~施工した火災保険の事例を紹介します。 ♢雪害による雨樋交換工事 ♢強風による屋根の破損 ♢雨漏り   ■火災保険の申請方法は? 申請に必要な書類は次の通りですが、保険会社によっては追加の書類が必要な場合もあります。 ♢保険金請求書(保険会社の指定書式がある場合があります) ♢修理見積書 ♢施工箇所の写真 ♢損害額の確認(状況説明) ♢修理が完了し、費用が支払われた場合は領収書 Q.手続きが面倒そうですか? 面倒な手続きは経験豊富な当社におまかせください!火災保険の申請には見積書や写真、状況説明などが必要で、これらの書類の準備は非常に手間がかかります。   当社の経験豊富なスタッフが書類作成や申請のアドバイスをいたします。ぜひ当社にご相談ください😊   ■火災保険による工事の3つのお約束  火災保険の手続きは当社が行います。保険請求にかかる費用はかかりません。 保険金の支払いが確定し、当社と契約後に工事を開始します。 万が一、保険金が支払われない場合でも、保険請求にかかった費用は一切請求しません。     深井塗装は、地元の外壁塗装・屋根工事をメインに、外装リフォーム工事を行っています。  ① 地域密着対応 主に東京23区を中心に埼玉県南部、千葉県で活動しています。屋根・外壁工事の無料現地調査・お見積もりを行い、「何かあったら直ぐに駆け付ける」をモットーに迅速な対応を心掛けています。  ② 安心価格 交通費や時間の削減を図り、適正価格でお見積もりを提供しています。ご予算に合わせて工事内容を提案することも可能です。  ③ 的確なプランの提案 お客様の将来設計や劣化状況を考慮し、会社都合でなくお客様に最適なプランを提案します。お見積りは複数パターンを作成しています。  ④ 安心保証 屋根リフォーム工事には最大25年の保証、外壁塗装工事には10~15年の保証が付いています。アフターメンテナンスや万が一のトラブルにも迅速に対応します。  ⑤ 火災保険申請のサポート 屋根の被害状況を調査し、火災保険の申請やアドバイスを行っています。経験豊富なプロにお任せください。  屋根修理や外壁塗装をご検討中の方は、まずは無料の屋根点検・お見積もり・雨漏り調査を受けてみることをお勧めします。深井塗装では無理な営業はいたしませんので、お気軽にご相談ください!

New

2024年04月05日 更新

梅雨の時期でも外壁塗装はできる!?

深井塗装は、国家資格を持つ自社職人が施工する地域密着型の外壁塗装専門店です。 サービス内容は外壁塗装、屋根塗装、屋根カバー工法、屋根葺き替え工事、防水工事、シーリング工事を提供しています。 足立区・荒川区・葛飾区・北区・草加市、他東京23区で屋根工事や外壁塗装をお考えの方はお気軽に弊社へご相談ください。 ■今回のテーマは梅雨時期でも外壁塗装は可能? です! 梅雨入りし、ジメジメとした日々が続いていますね。梅雨の時期は雨が続くイメージがありますが、外壁塗装を検討している方々は、「雨が続く梅雨時期は外壁塗装は避けた方が良いのか?」や「梅雨時期に外壁塗装はできるのか?」と疑問を抱くことが多いかもしれませんね。☔ 実際のところ、梅雨時期でも外壁塗装は可能です!梅雨時期は確かに雨の日が多いため、外壁塗装ができないと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、塗装は1年を通して行うことができます。 塗料メーカーの基準によると、外壁塗装が可能な条件は以下の通りです。 湿度:85%未満 気温:5℃以上 天候:晴れまたは曇り これらの条件を満たしていれば、梅雨時期でも外壁塗装は可能です。 雨の日に行える・行えない作業工程については、塗装作業は雨の日には中止となりますが、他の作業工程によっては作業が可能な場合もあります。梅雨時期以外にも雨が降った場合は、塗装作業を中止し、天候が良くなったら再開します。 足場の設置や塗装しない部分の保護などの事前準備を行い、その後シーリング~塗装作業に移るため、天候を見ながら作業内容を調整します。足場の組み立て、高圧洗浄、養生作業、清掃などがありますが、強風などの悪天候の場合は、安全のため作業を中止することもあります。 梅雨時期の外壁塗装には、工期が伸びる可能性があるというデメリットがあります。雨の日には塗装作業ができないため、通常よりも工期が長くなることがあります。しかし、工期が伸びた場合でも基本的には塗装費用が上がることはありません。工期に不安がある場合は、事前に確認しておくことをお勧めします。 チラシキャンペーンのお知らせです!! 無料相談、無料診断、無料見積り、お気軽にお問い合わせ下さいませ!😊👍   深井塗装は、地元の外壁塗装・屋根工事をメインに、外装リフォーム工事を行っています。 ① 地域密着対応 主に東京23区を中心に埼玉県南部、千葉県で活動しています。屋根・外壁工事の無料現地調査・お見積もりを行い、「何かあったら直ぐに駆け付ける」をモットーに迅速な対応を心掛けています。 ② 安心価格 交通費や時間の削減を図り、適正価格でお見積もりを提供しています。ご予算に合わせて工事内容を提案することも可能です。 ③ 的確なプランの提案 お客様の将来設計や劣化状況を考慮し、会社都合でなくお客様に最適なプランを提案します。お見積りは複数パターンを作成しています。 ④ 安心保証 屋根リフォーム工事には最大25年の保証、外壁塗装工事には10~15年の保証が付いています。アフターメンテナンスや万が一のトラブルにも迅速に対応します。 ⑤ 火災保険申請のサポート 屋根の被害状況を調査し、火災保険の申請やアドバイスを行っています。経験豊富なプロにお任せください。 屋根修理や外壁塗装をご検討中の方は、まずは無料の屋根点検・お見積もり・雨漏り調査を受けてみることをお勧めします。深井塗装では無理な営業はいたしませんので、お気軽にご相談ください!  

Newイベント・キャンペーン

2024年04月03日 更新

サッシ交換をお考えの方へ!窓のカバー工法について説明します!

みなさん、こんにちは!! 外壁屋根の塗装専門店の深井塗装です!深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型の外壁塗装専門店です。◎深井塗装のサービス内容外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事冬の寒さ、部屋のスタイル。これらは生活の中でふと感じる不満であり、改善への第一歩は意外と身近にあるのかもしれません。カバー工法によるサッシの交換が、どのように快適性や美観を高めるのか。興味を持たれた方は、ぜひこの記事をお読みいただきたいです。□窓のカバー工法をすることで得られる効果カバー工法を利用した窓の交換は、部屋の寒さや風通しの悪さ、室内の雰囲気の向上に対して顕著な効果を発揮します。以下に、この工法がもたらす主な効果を紹介します。1:部屋の寒さと暖房効率の向上多くの家庭で問題となる部屋の寒さや暖房効率の低下は、主に窓からの熱の逃げやすさに起因します。断熱性能の高い窓への交換は、この問題を根本から解決します。特に、断熱サッシとペアガラスの組み合わせは、室内の温かさを保ちつつ、外からの冷気の侵入を効果的に防ぎます。さらに、現代の技術を駆使した新しい材質のサッシは、従来のものよりもはるかに優れた断熱効果を提供し、暖房費用の削減にも貢献します。2:風通しの改善室内の風通しは、快適な生活空間を保つ上で非常に重要です。カバー工法による窓交換は、窓の開き方を変更することで、風通しの悪さを効果的に解決します。特に、縦すべり出し窓への変更は、室内に新鮮な空気をもたらし、健康的な生活環境を実現します。また、連窓に交換することで、より多くの風を取り込むことが可能になり、夏場の自然な涼しさを楽しめます。3:室内のデザイン性向上カバー工法を利用した窓交換は、室内のデザイン性の向上にも大きく貢献します。木目調のサッシを選択することで、室内に温かみを加えられ、フローリングとの調和も図れます。4:夏の室温上昇の抑制夏の室温上昇は、快適な生活空間を維持する上で大きな障害となります。Low-E複層ガラスの使用は、この問題に対する効果的な解決策です。この種のガラスは、太陽の熱を効果的に遮断し、室内を涼しく保てます。さらに、冷房効果を高めることで、エネルギー消費の削減にも繋がるでしょう。□窓サッシのカバー工法の具体的な工程カバー工法によるサッシの修理は、その効果的かつ効率的な工程により、部屋の快適性を短時間で向上させられます。以下に、この工法の具体的な工程を紹介します。1:既存窓ガラスの取り外しと準備工程の初めに、慎重に既存の窓ガラスを取り外します。これは、新しいサッシへの交換を円滑に進めるための重要なステップです。取り外し作業では、既存の枠を損傷から守りながら、次の工程へと移行します。2:下地材の取り付けと調整次に、新しいサッシを安定して取り付けるための下地材(L型アングルなど)を既存のサッシに取り付けます。この工程は、新規サッシの固定と正確な位置決めに不可欠であり、全体の強度と耐久性を保証する役割も担います。3:新規サッシの選定と取り付け下地材の上に、事前に選定した新規サッシを配置し、適切に固定します。この際、サッシは間口にぴったり合わせて作成されており、既存の窓枠に対する密着性と見た目の美しさが求められます。固定には電動ドリルを使用し、サッシが動かないようにしっかりとビスで固定します。4:複層ガラスの取り付けと断熱性の向上新しい複層ガラスをサッシに取り付けることで、断熱性と気密性が大幅に向上します。複層ガラスは、その構造により冬の寒さや夏の暑さを効果的に遮断し、快適な室内環境を実現します。5:シーリングと仕上げ最終工程として、サッシ周りにシーリング材を充填し、隙間をしっかりと埋めます。これにより、雨水の浸入防止や外気の侵入を防ぎ、さらには音漏れも減少させることが可能になります。シーリングの充填は、耐久性と快適性を高める上で重要な役割を果たします。□まとめカバー工法によるサッシの交換は、部屋の快適性、機能性、美観の向上に大きく貢献します。断熱性の向上による部屋の寒さの解決、風通しの改善、室内の雰囲気の向上、夏の室温上昇の抑制など、多岐にわたる効果が期待できます。快適でスタイリッシュな住空間を目指す方々にとって、カバー工法による窓の交換は、ぜひ検討すべきオプションです。

New

2024年04月02日 更新

ウレタン防水のメリットとデメリットを解説

みなさん、こんにちは!! 外壁塗装・屋根工事専門店の深井塗装です! 深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型の外壁塗装専門店です。  ◎深井塗装のサービス内容 外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事   今回のテーマはウレタン防水について 防水工事の一つである「ウレタン防水」は、一般家庭でよく採用される方法です。具体的には、液体状のウレタン樹脂を使用して、平らな箇所に防水層を形成し、雨水によるトラブルを防ぐ工程です。この記事では、ウレタン防水の3つの工法とそれぞれのメリット・デメリットについて解説しますので、興味のある方はぜひご覧ください。 ウレタン防水の工法 スプレー工法 メリット: 簡単かつ迅速に施工できる。曲面にも適用可能。 デメリット: 施工面の処理が難しい場合がある。 ローラー工法 メリット: 均一な厚さで施工できる。施工面の処理がしやすい。 デメリット: 施工に時間がかかる。 シート貼り工法 メリット: 大面積や複雑な形状にも対応可能。耐久性が高い。 デメリット: 施工には熟練が必要で、コストがかかることがある。 ■ほかの防水工法との比較 ウレタン防水の他にも、「FRP防水」と「シート防水」があります。 FRP防水: プラスチック製の繊維を敷き詰め、それを樹脂で固める方法。耐久性が高いが、施工には専門知識が必要。 シート防水: 塩化ビニール製のシートを熱や接着剤で貼り付ける方法。簡便でコストが抑えられるが、劣化が早い場合がある。 これらの工法を比較した表を以下に示します。 工法 作業難易度 耐久性 施工期間 コスト ウレタン防水 中 中 中 中 FRP防水 高 高 中 高 シート防水 低 中 低 低 ウレタン防水は、施工方法や素材の選定によってさまざまな条件に対応できるのが特徴です。   ■ウレタン防水3つの工法 ♢通気緩衝工法 湿気が多い場所や雨漏り箇所への施工に適しています。通気緩衝シートの上から直接ウレタン樹脂を塗ることで、下地に浸入した水分が湿気となって膨れるのを防ぎます。下地の水分を外部に逃がす脱気装置を使用し、湿気による防水層の膨れを防ぐ効果があります。技術が高度で費用が高い点がデメリットです。 ♢密着工法 一般家庭の狭い部分に適しています。直接ウレタン樹脂を塗るシンプルな工法で費用が安く、工期も短いです。脱気筒が不要で施工場所を選びませんが、下地の影響を受けやすく、床面の状態によっては防水層のひび割れや膨れが発生しやすい点がデメリットです。 ♢メッシュ工法 通気緩衝工法と密着工法の中間に位置します。ベランダや屋上などの場所に適しており、均一になりにくい特徴があります。メッシュシートを床面に貼り付け、その上からウレタン樹脂を塗ることで、ひび割れを起こしにくい特性がありますが、通気緩衝工法のような湿気対策はありません。   ■ウレタン防水のメリット ウレタン防水のメリット ウレタン防水には以下のようなメリットがありますので、依頼する前にチェックしておきましょう。 費用が安価 ウレタン防水は、FRP防水やシート防水と比較して費用が安価です。さらに、耐用年数が10〜14年ほどあり、コストパフォーマンスに優れています。 継ぎ目なく施工できる ウレタン防水は継ぎ目がないため、既存の防水層の上に重ねて塗装ができます。そのため、撤去や処分の手間が省けます。また、継ぎ目がないため剥がれや捲れが生じにくいです。 伸縮性が高い ウレタン防水に使用されるウレタン樹脂は高い伸縮性を持っています。建築物の動きによるひび割れを起こしにくいというメリットがあります。一方、FRP防水は硬膜を形成するため、建物の動きの影響でひび割れが起こりやすいです。 ■ウレタン防水のデメリット ウレタン防水のデメリット ウレタン防水には以下のようなデメリットもありますので、特性をよく知った上で依頼するかどうか検討しましょう。 施工の難易度が高い 防水面の施工では、雨水が流れるための適切な傾斜が重要です。ウレタン防水は、均一に3ミリ程度の厚みに塗り重ねる必要があります。また、塗料の撹拌が不十分だと硬化不良や防水性の低下などのトラブルが生じる可能性があります。 均一な仕上がりを得るには、正しい知識や技術が必要です。施工の難易度が高いため、業者選びを慎重に行わないと後悔することがあります。 乾燥に時間がかかる ウレタン防水の樹脂塗料は一般的に硬化に3〜10日程度かかります。一方、FRP防水は1〜2日で乾燥します。乾燥期間中は、バルコニーやベランダに立ち入れない不便さがありますので、計画を立てる際には注意が必要です。   ■ウレタン防水で施工後のメンテナンス方法は? ウレタン防水で施工した箇所は、定期的なメンテナンスで効果の持続期間を延ばすことができます。自分でできるメンテナンス方法は、「床面の清掃」「排水口の清掃」「トップコートの塗り替え」の3つがあります。 ウレタン防水の効果の寿命は一般的に10年前後です。劣化が見られた場合は、業者に塗り替えを依頼しましょう。 ウレタン防水のメンテナンスが必要なサイン ウレタン防水のメンテナンスは、10年に一度ウレタン樹脂の塗り替え、5年に一度トップコートの塗り替えを行うのが目安です。また、以下のような劣化の兆候が見られた場合もメンテナンスを検討しましょう。 表面の色褪せ ひび割れ 一部に水が溜まる 排水口が詰まっている 雨漏りが生じている 防水層が膨れている 施工箇所や住居条件に合った防水工事を依頼することが重要 ウレタン防水は、液体状のウレタン樹脂を塗装して防水層を形成する施工方法です。他の防水工事と比較して、比較的安価に施工できるというメリットがあります。ただし、業者によって仕上がり具合が異なるデメリットもあるため、特性を理解した上で最適な防水工事を選ぶことが重要です。   深井塗装は、地元の防水工事店として外装リフォームをメインに、お家を雨や風から守る工事を行っています。  ① 地域密着対応 主に東京23区を中心に埼玉県南部、千葉県で活動しています。屋根・外壁工事の無料現地調査・お見積もりを行い、「何かあったら直ぐに駆け付ける」をモットーに迅速な対応を心掛けています。  ② 安心価格 交通費や時間の削減を図り、適正価格でお見積もりを提供しています。ご予算に合わせて工事内容を提案することも可能です。  ③ 的確なプランの提案 お客様の将来設計や劣化状況を考慮し、会社都合でなくお客様に最適なプランを提案します。お見積りは複数パターンを作成しています。 ④ 安心保証 屋根リフォーム工事には最大25年の保証、外壁塗装工事には10~15年の保証が付いています。アフターメンテナンスや万が一のトラブルにも迅速に対応します。  ⑤ 火災保険申請のサポート 屋根の被害状況を調査し、火災保険の申請やアドバイスを行っています。経験豊富なプロにお任せください。 屋根修理や外壁塗装をご検討中の方は、まずは無料の屋根点検・お見積もり・雨漏り調査を受けてみることをお勧めします。深井塗装では無理な営業はいたしませんので、お気軽にご相談ください😊👍

New

足立区地域密着!
お客様の大切なお家を
守ります
ご相談見積り診断無料です!!

0120-121-888 【営業時間】8:00~19:00

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約でQUOカード進呈!!来店予約はこちら
  • クオカード進呈お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!