スタッフブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > スタッフブログ

深井塗装の現場日誌・現場ブログ 記事一覧

2024年05月18日 更新

安心できる外壁塗装業者の選び方!

みなさん、こんにちは!! 外壁塗装・屋根工事専門店の深井塗装です! 深井塗装は、国家資格を持つ自社職人が施工する地域密着型の外壁塗装専門店です。 サービス内容は外壁塗装、屋根塗装、屋根カバー工法、屋根葺き替え工事、防水工事、シーリング工事を提供しています。 足立区・荒川区・葛飾区・北区・草加市、他東京23区で屋根工事や外壁塗装をお考えの方はお気軽に弊社へご相談ください。   今回のテーマは、安心できる外壁塗装業者の選び方!   外壁塗装の見積もりを依頼する際、どんな業者に頼みますか? 多くの方が「安心できる業者」が良いと言いますが、安心できる業者とは具体的にどんな業者でしょうか? 今回は、大手業者と地元業者のどちらが良いのかを比較してみます🖊️   地元業者のメリット・デメリット ■メリット 🆗無駄な費用がかからない 地域密着業者は自社職人を抱えていることが多く、マージンなどの費用がかかりません。 🆗国家資格を持った自社職人が多い 地域密着業者は職人だけでなく、社長も国家資格を保持していることが多いです。 🆗伝達が早い 現調・見積もり・契約・施工まで一貫して引き受けてくれるため、スムーズな進行が期待できます。 🆗すぐに駆け付けてくれる 地元密着なので、近くに会社や店舗があり、何かあった際にすぐに対応してくれます。 🆗地域にあった塗装選び 地域の気候に詳しく、最適な塗料選びができます。   ■デメリット ⚠️優良業者が探しにくい 質の良い業者を見つけるためには情報収集が必要です。ホームページや口コミを参考にしましょう。 ⚠️アフターケア アフターケアや保証内容をしっかり確認しましょう。不透明な業者には注意が必要です。   大手業者のメリット・デメリット ■メリット 🆗倒産の心配が少ない 大手業者は安定しており、トラブル時に対応してもらえないという心配が少ないです。保証内容も充実していることが多いです。 ■デメリット ⚠️費用が高い 大手業者は下請け業者に発注することが多く、仲介手数料などで費用が高くなりがちです。 ⚠️伝達の不具合 下請け業者に伝達する際に情報が漏れたり、伝わるまでに時間がかかることがあります。 ⚠️担当者が頻繁に変わる 担当者がコロコロ変わることで、伝達漏れやトラブルが発生しやすいです。   ■実際にどこに依頼するか 調査によると、地元密着業者に依頼する方が最も多く、次にリフォーム専業会社が続きます。大手やハウスメーカーへの依頼は少なく、地元密着業者の方が人気です。   深井塗装では、工事をしていただいたお客様に「次も深井塗装にお願いしたい」と思っていただけるよう、心を込めて対応しています。豊富な地元実績は信頼の証です。外壁塗装は、ぜひ深井塗装にお任せください!   大切なお家の工事を依頼する際は、しっかりと業者選びをして、信頼できる業者にお願いしましょう❤️   深井塗装は、地元の外壁塗装・屋根工事をメインに、外装リフォーム工事を行っています。 ① 地域密着対応 主に東京23区を中心に埼玉県南部、千葉県で活動しています。屋根・外壁工事の無料現地調査・お見積もりを行い、「何かあったら直ぐに駆け付ける」をモットーに迅速な対応を心掛けています。 ② 安心価格。 交通費や時間の削減を図り、適正価格でお見積もりを提供しています。ご予算に合わせて工事内容を提案することも可能です。 ③ 的確なプランの提案 お客様の将来設計や劣化状況を考慮し、会社都合でなくお客様に最適なプランを提案します。お見積りは複数パターンを作成しています。 ④ 安心保証 屋根リフォーム工事には最大25年の保証、外壁塗装工事には10~15年の保証が付いています。アフターメンテナンスや万が一のトラブルにも迅速に対応します。 ⑤ 火災保険申請のサポート 屋根の被害状況を調査し、火災保険の申請やアドバイスを行っています。経験豊富なプロにお任せください。 屋根修理や外壁塗装をご検討中の方は、まずは無料の屋根点検・お見積もり・雨漏り調査を受けてみることをお勧めします。深井塗装では無理な営業はいたしませんので、お気軽にご相談ください😊👍

New

2024年05月18日 更新

お得な契約特典のご案内!

  契約特典のご案内 外壁塗装工事をご契約いただいたお客様に、素晴らしい選べる特典をご用意しました! JCBギフトカード 50,000円分プレゼント ご契約いただいた方全員に、JCBギフトカード50,000円分をプレゼント!お好きな商品やサービスにお使いいただけます。 足場代半額 塗装工事に必要な足場代を半額にいたします。高品質な塗装をお得にご利用いただけます。 網戸張替サービス ご契約いただいたお客様全員に、網戸の張替サービスを無料で提供します。快適な住環境をサポートいたします。 さらに!塗装工事をご契約いただいたすべての方に、駐車場土間洗浄サービスを無料で実施いたします。美しい仕上がりをお約束します。 この機会にぜひ、ご検討ください。詳細やお問い合わせはお気軽にどうぞ!

イベント・キャンペーンチラシ

2024年05月18日 更新

チャコールブラウン外壁の特徴と選ぶ際の注意点を解説!

みなさん、こんにちは!! 外壁屋根の塗装専門店の深井塗装です! 深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型の外壁塗装専門店です。   ◎深井塗装のサービス内容 外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事   新しい住まいづくりに洗練された外観と機能性を求める方々にとって、チャコールブラウンの外壁は理想的な選択です。 この色は、その美しさと実用性で、多くの建築家やデザイナーからも支持されています。 今回の記事では、チャコールブラウンがどのようにしてその人気を確立したのか、またその選択に際して考慮すべき点について詳しく解説します。   □チャコールブラウン外壁の特徴とは   チャコールブラウンは、外壁色としての選択肢の中でも特に人気が高い色です。この色の特徴と魅力を以下にまとめました。   1: 汎用性と高級感   チャコールブラウンは、その深みのある色調でどんな建築スタイルにもマッチし、高級感を演出します。 ベージュやグレーといった色と比べても、より洗練された印象を与えられます。 この色は素朴さと大人の雰囲気を兼ね備えており、幅広いデザインに調和します。   2: 汚れが目立ちにくい   外壁は常に自然の影響を受けるため、汚れや色あせが避けられません。 しかし、チャコールブラウンは泥やカビ、排気ガスなどの日常的な汚れが目立ちにくく、長期にわたって美しい外観を保てます。 この耐汚染性は、美観を重視する家主にとって大きなメリットです。 □チャコールブラウンを選ぶ際の注意点について   チャコールブラウンを選ぶ際には、いくつかの注意点があります。 これらを理解し、適切に対処することで、最良の結果を得られます。   1: 色見えの変化   塗装する面積が広いほど、チャコールブラウンは濃く見える傾向にあります。 この「面積効果」により、色見本で見た色と実際の塗装色との間に違いが生じることがあります。 したがって、色選びは色見本だけでなく、カラーシミュレーションを利用することが推奨されます。   2: 近隣の住宅との調和   チャコールブラウンは落ち着いた色合いで周囲の環境に馴染みやすいですが、近隣の住宅との色のバランスも重要です。 例えば、周囲が明るい色で統一されている場合、濃いチャコールブラウンが不自然に見えることがあります。 ですから、近隣の住宅との調和を考慮して色を選ぶことが肝心です。   3: 熱の吸収に注意   濃い色は太陽光を吸収しやすいため、チャコールブラウンの外壁は夏場に外壁が熱を持ちやすくなります。 これが室内の温度を上昇させることにもつながるため、遮熱塗料の使用や他の色との組み合わせを検討することで、熱の問題を軽減することが推奨されます。 □まとめ   この記事では、チャコールブラウンの外壁の魅力と選択時の注意点を解説しました。 その汎用性と高級感、そして汚れに強い性質は、多くの住宅での採用理由です。 しかし、色見えの変化や近隣との調和、熱の吸収といった点には特に注意しましょう。 これらの情報を参考に、より美しく実用的な外壁を選ぶ手助けができれば幸いです。

New

2024年05月17日 更新

アスファルトシングル塗装のメリットと塗料選びの注意点!

みなさん、こんにちは!! 外壁塗装・屋根工事専門店の深井塗装です! 深井塗装は、国家資格を持つ自社職人が施工する地域密着型の外壁塗装専門店です。 サービス内容は外壁塗装、屋根塗装、屋根カバー工法、屋根葺き替え工事、防水工事、シーリング工事を提供しています。 足立区・荒川区・葛飾区・北区・草加市、他東京23区で屋根工事や外壁塗装をお考えの方はお気軽に弊社へご相談ください。   今回のテーマは、アスファルトシングル塗装のメリットと塗料選びの注意点!   アスファルトシングルの屋根にしてから約10年、近所を回っていた業者に「屋根が汚れているから、塗装した方がいい」と言われたあなた。 「アスファルトシングルは20年以上もつと言われたけど、本当に10年で塗装が要るの?」 「汚れが気になるから、塗装したいけど、いくらくらいかかるの?」 そんな疑問をお持ちではないでしょうか。   ■アスファルトシングルとは アスファルトシングルはアスファルトが原料のシート状の屋根材で、薄くて軽く、耐震性が高いです。耐久性・防水性に優れており、北米では非常に人気があります。また、濃淡のあるおしゃれな仕上がりのものもあり、おしゃれな外観を求める方にもおすすめです。耐用年数も20~30年と長く、金額もガルバリウム鋼板や軽量瓦よりお得です。 アスファルトシングルも種類によっては10年ほど経つと汚れや色褪せが気になり、塗装を推奨されることがあります。しかし、アスファルトシングルは塗装しても耐用年数が長くなるとは限りません。塗装による効果は美観の改善や表面の石粒の保護程度です。 塗装が必要な理由がある方に向けて、以下の内容をご紹介します。   1. アスファルトシングルの塗装が必要な人 1-1. 汚れや色褪せが気になる方 アスファルトシングルは高耐久ですが、紫外線やコケなどで色褪せや美観の劣化があります。見た目を綺麗にしたい方は塗装を行いましょう。 1-2. 表面の石粒の落下が気になる方 石粒が落ちてくるのが気になる場合は塗装を推奨します。石粒は屋根材の保護にも役立ちます。   2. 塗装工事の費用相場 2-1. 工事全体の費用相場 アスファルトシングルの塗装費用相場は約40~60万円程度です(80㎡の屋根の場合)。使用する塗料や依頼する会社によって費用は変動します。適正価格で行いたい方は、塗装の専門店に依頼することをおすすめします。 2-2. 内訳 作業内容 費用相場 足場架設+メッシュシート 600~800円/㎡ 高圧洗浄 100~150円/㎡ 塗装(下塗り、中塗り、上塗り) 3,000~5,000円/㎡ 縁切り 不要 3. 塗料選びの2つの注意点 3-1. 水性塗料を使用する アスファルトシングルを塗装する際は、必ず水性塗料で行いましょう。油性の塗料を使用すると、アスファルトが溶け出してしまいます(ブリード現象)。   代表的な塗料一覧 塗料名 メーカー名 水系カスタムシリコン 水谷ペイント 水系ナノシリコン 水谷ペイント 水系パワーフロン 水谷ペイント 水性シリコンベスト 日本ペイント 水性ヤネフレッシュ エスケー化研 水性シングルサーフ エスケー化研   3-2. ツヤ消し塗料で塗る アスファルトシングルはツヤ消し塗料で塗装しましょう。ツヤのある塗料を使用すると、屋根が塗料を吸い込み、ムラのある仕上がりになります。   4. 屋根材が傷んだら塗装以外のメンテナンスが必要 4-1. 屋根材の一部めくれや剥がれ(補修) 屋根材の一部がめくれた場合は、一部張り替え補修を行いましょう。費用は一枚あたり4,000~10,000円です。 4-2. 屋根材自体の経年劣化(カバー) 屋根材自体が経年劣化した場合は、カバー工事を行いましょう。費用は100~150万円前後です。 4-3. 雨漏りの発生(葺き替え) 雨漏りが発生した場合は、葺き替え工事が必要です。費用は150~200万円前後です。 5. 施工後10年経ったら定期点検を依頼しよう 施工後10年を過ぎたら点検を行いましょう。定期的な点検で大きな工事を避け、費用を抑えることができます。   まとめ アスファルトシングルは高耐久のため、基本的に塗装しなくても長持ちしますが、見た目が気になる場合は塗装を行いましょう。 塗装工事の際は以下の2点に注意してください。 1. 水性塗料を使用するか【重要】 2. ツヤなし塗料で塗装するか【重要】   ご自宅の屋根の状況に合ったメンテナンスを行い、屋根を長持ちさせましょう。最後までご覧くださりありがとうございました😊   深井塗装は、地元の外壁塗装・屋根工事をメインに、外装リフォーム工事を行っています。 ① 地域密着対応 主に東京23区を中心に埼玉県南部、千葉県で活動しています。屋根・外壁工事の無料現地調査・お見積もりを行い、「何かあったら直ぐに駆け付ける」をモットーに迅速な対応を心掛けています。 ② 安心価格。 交通費や時間の削減を図り、適正価格でお見積もりを提供しています。ご予算に合わせて工事内容を提案することも可能です。 ③ 的確なプランの提案 お客様の将来設計や劣化状況を考慮し、会社都合でなくお客様に最適なプランを提案します。お見積りは複数パターンを作成しています。 ④ 安心保証 屋根リフォーム工事には最大25年の保証、外壁塗装工事には10~15年の保証が付いています。アフターメンテナンスや万が一のトラブルにも迅速に対応します。 ⑤ 火災保険申請のサポート 屋根の被害状況を調査し、火災保険の申請やアドバイスを行っています。経験豊富なプロにお任せください。 屋根修理や外壁塗装をご検討中の方は、まずは無料の屋根点検・お見積もり・雨漏り調査を受けてみることをお勧めします。深井塗装では無理な営業はいたしませんので、お気軽にご相談ください😊👍

New

2024年05月16日 更新

リシン外壁の特徴とメンテナンス方法を徹底解説!

みなさん、こんにちは!! 外壁塗装・屋根工事専門店の深井塗装です! 深井塗装は、国家資格を持つ自社職人が施工する地域密着型の外壁塗装専門店です。 サービス内容は外壁塗装、屋根塗装、屋根カバー工法、屋根葺き替え工事、防水工事、シーリング工事を提供しています。 足立区・荒川区・葛飾区・北区・草加市、他東京23区で屋根工事や外壁塗装をお考えの方はお気軽に弊社へご相談ください。   今回のテーマは、リシン外壁の特徴とメンテナンス方法を徹底解説! 1章 リシンの基本 リシン外壁とは何か、どのようにメンテナンスすればいいのか迷っている方も多いと思います。リシンは和風・洋風どちらの家にも合う人気のある外壁材ですが、汚れやひび割れが目立ちやすいという難点もあります。ここでは、リシンの特徴やメンテナンス方法、塗料選びのポイントをご紹介します。ぜひ最後までお読みください。   2章 リシン外壁の種類 リシン外壁には、「リシン吹付」と「リシン掻き落とし」の2種類があります。 ↑↑↑「リシン吹付」 リシン吹付: コンプレッサーを使用してリシンを吹き付ける方法です。比較的安価で、広く使われています。   ↑↑↑「リシン掻き落とし」 リシン掻き落とし: コテでリシンを塗った後、剣山やブラシで表面を掻き落とす方法です。手間がかかるため高級住宅でよく用いられます。   3章 リシン外壁のメリット 通気性が良く家が長持ち リシンは通気性に優れ、外壁の中の湿気を逃がします。これにより、家の木材が腐りにくくなり、建物の寿命が延びます。 高級感のある風合い リシンは落ち着いた風合いが特徴で、和風・洋風どちらの住宅にもマッチします。適切なメンテナンスを行えば、その美しい風合いを長く保つことができます。   4章 リシン外壁の注意点 ひび割れしやすい リシン外壁は他の外壁よりもひび割れが発生しやすいため、早めの塗装が必要です。ひび割れを放置すると、内部に水が侵入し、建物の寿命が縮んでしまいます。 カビ・苔が生えやすい 細かい凹凸があるため、カビや苔が発生しやすいです。美観を保ち、建物を長持ちさせるためには、カビや苔が見られたらすぐに塗装を行うことが重要です。 塗料の吸い込みが多い リシン外壁は塗料を多く吸い込むため、他の外壁よりも多くの塗料が必要です。適切な塗料選びを行わないと、ムラや剥がれの原因となります。   5章 リシン外壁のメンテナンス時期 新築のリシン外壁の耐用年数は約8年です。8年を目安に塗装の点検や見積もりを専門業者に依頼しましょう。   6章 最適な塗料選びのポイント 下塗り材は「可とう形改修塗材」 リシン外壁には、ひび割れを補修し、塗料の吸い込みを抑える「可とう形改修塗材(微弾性フィラー)」が適しています。 モルタル専用つや消し塗料 リシンの風合いを活かすために、モルタル専用のつや消し塗料を選びましょう。これにより、高級感のある風合いを保つことができます。 低汚染性塗料 汚れやすいリシン外壁には、低汚染性塗料を選びましょう。雨水が汚れを洗い流してくれるので、清潔な外観を保つことができます。   7章 トラブルを防ぐ工事のポイント 追加料金の確認 見積もりの際に追加料金が発生しないか必ず確認しましょう。 跡が目立たない補修 ひび割れや剥がれの補修は、跡が目立たない方法で行ってもらいましょう。 乾燥時間の確認 高圧洗浄後、十分に乾燥させてから塗装を行うことを確認しましょう。 ■まとめ リシン外壁は高級感のある風合いと通気性の良さが魅力です。適切な塗装メンテナンスを行うことで、美しい外観を保ちつつ、建物を長持ちさせることができます。築8年を目安に塗装の点検や見積もりを依頼し、適切な塗料選びと工事のポイントを押さえて、トラブルを防ぎましょう。 ご相談・お見積りはお気軽に! リシン外壁のメンテナンスや塗装についてのご相談は、ぜひ弊社にお任せください。深井塗装の経験豊富なスタッフが丁寧に対応いたします😊   深井塗装は、地元の外壁塗装・屋根工事をメインに、外装リフォーム工事を行っています。 ① 地域密着対応 主に東京23区を中心に埼玉県南部、千葉県で活動しています。屋根・外壁工事の無料現地調査・お見積もりを行い、「何かあったら直ぐに駆け付ける」をモットーに迅速な対応を心掛けています。 ② 安心価格。 交通費や時間の削減を図り、適正価格でお見積もりを提供しています。ご予算に合わせて工事内容を提案することも可能です。 ③ 的確なプランの提案 お客様の将来設計や劣化状況を考慮し、会社都合でなくお客様に最適なプランを提案します。お見積りは複数パターンを作成しています。 ④ 安心保証 屋根リフォーム工事には最大25年の保証、外壁塗装工事には10~15年の保証が付いています。アフターメンテナンスや万が一のトラブルにも迅速に対応します。 ⑤ 火災保険申請のサポート 屋根の被害状況を調査し、火災保険の申請やアドバイスを行っています。経験豊富なプロにお任せください。 屋根修理や外壁塗装をご検討中の方は、まずは無料の屋根点検・お見積もり・雨漏り調査を受けてみることをお勧めします。深井塗装では無理な営業はいたしませんので、お気軽にご相談ください😊👍

New

2024年05月14日 更新

塗装できない屋根材を徹底解説!

みなさん、こんにちは!! 外壁塗装・屋根工事専門店の深井塗装です! 深井塗装は、国家資格を持つ自社職人が施工する地域密着型の外壁塗装専門店です。 サービス内容は外壁塗装、屋根塗装、屋根カバー工法、屋根葺き替え工事、防水工事、シーリング工事を提供しています。 足立区・荒川区・葛飾区・北区・草加市、他東京23区で屋根工事や外壁塗装をお考えの方はお気軽に弊社へご相談ください。   今回のテーマは、屋根リフォームで失敗しないために必要な基礎知識です! ■塗装できない屋根材7種類を紹介 屋根リフォームにおける大問題として、塗装できない屋根材をご存知でしょうか?「塗装してはいけない屋根材」や「塗装しても意味がない屋根材」などと呼ばれることもあります。今回は、数多く存在する「塗装できない屋根材」の中から、代表的な7種類をご紹介します。   1. 塗装できない屋根材の背景 まず、塗装できない屋根材がどのように日本の住宅に広まったのか、その背景を説明します。 日本では古くから茅葺き屋根や陶器の瓦が使用されていましたが、明治時代になると「石綿スレート」が輸入されました。セメントに石綿(アスベスト)を混ぜて圧縮成型したこの材料は、断熱性・防火性・耐久性が高く、多くの住宅で使用されるようになりました。 しかし、アスベストが原因とされる健康被害が報告され、大きな社会問題となりました。1960年に「じん肺法」が施行され、段階的に規制が進み、2004年にはアスベスト含有量が1%を超える建材の製造・販売が禁止されました。2006年には、アスベスト含有量0.1%を超える製品の製造、輸入、使用が禁止されました。 この規制により、1990年代から石綿抜きの屋根材が製造販売され始めました。しかし、これらの「ノンアスベスト屋根材」は耐久性に乏しく、8年から10年で不具合が報告されるようになりました。 これらの屋根材が多くの住宅に使用されているため、現在リフォーム時期を迎えている多くの屋根で問題となっています。   2. 塗装できない屋根材は、塗装するとどうなるのか この時期に製造・販売されたノンアスベスト屋根材は、非常に耐久性に乏しいことがわかります。では、なぜこれらの屋根材は塗装できないのでしょうか。 塗装すると「塗装する前よりも劣化が進む」ためです。この時期のノンアスベスト屋根材は非常に脆く、経年劣化により自然に割れてしまうことがあります。そのため、塗装作業で人が屋根に上がるだけで、屋根材が破損してしまうのです。 塗装して数年後には、クラックや割れ、欠落などの症状が多く現れることがあります。   3. 塗装してはいけないノンアスベスト屋根材 この時期に販売された塗装できない屋根材は、多くの新築住宅やリフォーム工事に採用されました。見た目で判断することが難しいものも多く、注意が必要です。以下に代表的な7種類の屋根材を紹介します。     1. コロニアルNEO ↑↑ • 2001年から2008年にクボタ(現KMEW)から販売されたノンアスベストスレート屋根材です。     2. パミール ↑↑ • 1996年から2008年にニチハから製造販売されていた耐久性の乏しいスレート屋根材です。     3. ザルフグラッサ ↑↑ • 1997年から2006年にクボタ(現KMEW)から販売されていたノンアスベスト屋根材です。     4. アーバニー ↑↑ • 1982年から2005年に旧クボタ(現KMEW)から販売されていたスレート屋根材です。     5. レサス ↑↑ • 1999年から2006年にKMEW(旧松下電工)から製造・販売されたノンアスベスト屋根材です。     6. グリシェイドNEO ↑↑ • 2001年にKMEW(旧クボタ)から製造販売されたノンアスベストのスレート屋根材です。     7. セキスイかわらU ↑↑ • 1970年から2007年まで積水屋根システム株式会社(旧セキスイルーフテック)から販売された圧型スレート(セメント瓦)です。 これらの屋根材は、誤って塗装すると高い確率で割れてしまいます。。。   4. 塗装できない屋根材のメンテナンス方法 「塗装してはいけない」「塗装できない」屋根材の場合、塗装・修理・補修は意味をなしません。屋根上に人が上がるだけで、屋根材が傷んでしまうのです。 最善のメンテナンス方法は以下の2つです。 1. 屋根カバー工法 • 既存のスレートの上から新規のルーフィング(防水紙)と屋根材を被せる工法です。撤去費用を抑えられ、人気のメンテナンス方法です。 2. 屋根葺き替え工事 • 既存のスレートを全て撤去し、新しく屋根材を葺く工法です。ルーフィングも全て新しくし、しっかりと屋根を修復したい方におすすめです。   5. まとめ 現在、「塗装できないスレート屋根材」を知らずに塗装工事を行う業者がいて問題となっています。誤ったメンテナンスで屋根材が割れてしまうと、雨漏りの原因となることもあります。 屋根リフォームに不安がある場合は、専門家に相談することをおすすめします。   🖊️少しでもお悩みがある場合は、深井塗装にお気軽にご連絡ください。屋根のプロフェッショナルが皆様のお悩みを解決します!👌   深井塗装は、地元の外壁塗装・屋根工事をメインに、外装リフォーム工事を行っています。 ① 地域密着対応 主に東京23区を中心に埼玉県南部、千葉県で活動しています。屋根・外壁工事の無料現地調査・お見積もりを行い、「何かあったら直ぐに駆け付ける」をモットーに迅速な対応を心掛けています。 ② 安心価格。 交通費や時間の削減を図り、適正価格でお見積もりを提供しています。ご予算に合わせて工事内容を提案することも可能です。 ③ 的確なプランの提案 お客様の将来設計や劣化状況を考慮し、会社都合でなくお客様に最適なプランを提案します。お見積りは複数パターンを作成しています。 ④ 安心保証 屋根リフォーム工事には最大25年の保証、外壁塗装工事には10~15年の保証が付いています。アフターメンテナンスや万が一のトラブルにも迅速に対応します。 ⑤ 火災保険申請のサポート 屋根の被害状況を調査し、火災保険の申請やアドバイスを行っています。経験豊富なプロにお任せください。 屋根修理や外壁塗装をご検討中の方は、まずは無料の屋根点検・お見積もり・雨漏り調査を受けてみることをお勧めします。深井塗装では無理な営業はいたしませんので、お気軽にご相談ください😊👍

New

2024年05月14日 更新

瓦のメンテナンスをお考えの方必見!メンテナンスのタイミングと方法を解説!

みなさん、こんにちは!! 外壁屋根の塗装専門店の深井塗装です! 深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型の外壁塗装専門店です。   ◎深井塗装のサービス内容 外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事   瓦屋根は日本の伝統的な屋根材であり、その美しさと耐久性から多くの家主に愛されています。 しかし、そのメンテナンスには特有の注意が必要です。 本記事では、瓦屋根の種類とその特徴、耐用年数、そして適切なメンテナンス方法について深掘りしていきます。   □瓦屋根の基礎:種類と耐用年数   日本の風景によく溶け込む瓦屋根は、その歴史と美しさから多くの建築物に採用されています。 瓦の主な種類には粘土瓦とセメント瓦があり、それぞれに独特の特徴と利点があります。   1: 粘土瓦 粘土瓦は自然の粘土を成形後、1000℃以上の高温で焼成することで製造されます。 この過程で瓦は非常に硬く、耐久性が高まります。 耐用年数は50年から100年と長く、適切なメンテナンスを施せばさらに長持ちします。 釉薬瓦は美しい色彩と光沢が特徴で、外観の美しさを長期間保持できます。 一方で、無釉瓦は自然な風合いが魅力で、時間が経つにつれて味わい深い変化を見せるため、伝統的な日本家屋に好んで使用されます。   2: セメント瓦 セメント瓦はセメントと砂を混ぜ、水と共に成型し、塗装を施して仕上げられます。 耐用年数は30年から40年程度と粘土瓦より短めですが、低コストで多様なデザインが可能なため、現代的な建築に多用されています。 色や形のバリエーションが豊富である一方、塗装の劣化が進むと見た目の美しさが損なわれるため、定期的な塗り直しが必要です。 □メンテナンスのタイミングと方法   瓦屋根の美しさを長持ちさせるためには、適切なメンテナンスが欠かせません。 瓦の劣化や破損は、建物全体に重大な影響を及ぼす可能性があるため、定期的な点検が不可欠です。 瓦のズレやヒビ、漆喰の剥がれは雨漏りの直接的な原因となり得るため、これらの兆候を見逃さないことが重要です。 特に、台風や地震などの自然災害後は瓦屋根の点検を優先的に行うべきです。   これらの災害は瓦のズレや割れを引き起こすことが多く、早期発見・早期修復がさらなるダメージを防ぎます。 また、漆喰が剥がれている場合は、漆喰の補修を迅速に行うことが建物を守る上で重要です。   瓦屋根のメンテナンスは、専門の業者に依頼することが一般的です。 専門業者は瓦屋根の点検、修理、漆喰の補修を適切に行い、屋根の寿命を最大限に延ばすサポートを提供します。 定期的なプロの点検により、瓦屋根の持つ本来の美しさと機能を長期間保てます。 □まとめ   瓦屋根は適切なメンテナンスを行うことでその美しさを長く保てます。 粘土瓦とセメント瓦、それぞれに適したケア方法を理解し、定期的な点検と早期の問題解決を心がけましょう。 これにより、瓦屋根の持つ本来の魅力を最大限に活かすことが可能となります。

New

2024年05月13日 更新

足立区の助成金で外壁塗装や屋根塗装をお得に! 申請から工事完了報告まで無料代行します!

みなさん、こんにちは!! 外壁塗装・屋根工事専門店の深井塗装です! 深井塗装は、国家資格を持つ自社職人が施工する地域密着型の外壁塗装専門店です。 サービス内容は外壁塗装、屋根塗装、屋根カバー工法、屋根葺き替え工事、防水工事、シーリング工事を提供しています。 足立区・荒川区・葛飾区・北区・草加市、他東京23区で屋根工事や外壁塗装をお考えの方はお気軽に弊社へご相談ください。   足立区民の皆様必見! 足立区では、令和6年4月以降に行われる外壁塗装や屋根塗装に対し、最大5万円の助成金が提供されます。 さらに、毎年足立区では省エネリフォーム補助金制度もあります。この制度は、足立区内の建物や住宅の省エネルギー化を目指す改修を行った方に、予算の範囲内で一部費用を補助するものです。これにより、住宅の省エネルギー化が促進され、低炭素社会の構築が進むことを目指しています。 助成金の上限額は5万円です。足立区在住の方は、この機会にぜひご利用ください。   申請は弊社が無料代行をいたしますのでお任せください!   補助対象工事 の種別 補助対象工事の内容 ガラスの交換 既存のガラスを熱貫流率が2.33以下であるものに交換すること 窓の交換 既存の窓を熱貫流率が2.33以下であるものに交換すること 内窓の新設 既存の窓の内側に新たに熱貫流率が2.33以下である窓を設置すること 断熱材の設置 熱伝導率が0.041以下である断熱材を設置すること ただし、天井断熱工事に用いる吹込み断熱材の場合は、R値(熱抵抗値)が2.7以上であること 遮熱塗装 近赤外線領域における日射反射率が50%以上の塗料で塗装すること   利用できる方 ※工事着工前の申請が必要です。 以下の要件、1から11のすべてを満たす方 工事の着工前であること。 ※申請書類は、工事着工予定日の3開庁日前までにご提出ください。 ※足場をかけた時点で、工事を着工したと判断いたします。 区内の自らが居住する既存の住宅で、その所在地が住民登録地と同一であること。 ※遮熱塗装の場合は、戸建て住宅であること。 補助対象工事に使用する製品が新品であること。 補助対象工事の請負業者が区内業者であること。 同一年度内において、本要綱に基づく補助金の交付を受けていないこと。 令和7年2月28日までに工事を完了し、令和7年3月31日までに完了報告を行えること。 ※ 完了報告時に、領収書等の添付が必要となりますので、ご注意ください。 補助の対象となる経費が、税抜き5万円以上であること。 不動産登記上の一棟の建物単位での申請であること。ただし、集合住宅の場合は一戸単位での申請とする。 補助対象工事を行う種別が、過去5年以内に本要綱に基づく補助金の交付決定の対象となっていないこと。 補助対象者に住民税の滞納がないこと。 補助対象工事について、区から当該本補助金以外に補助金に係る交付決定を受けていないこと。 以上が足立区助成金の詳細となります。   深井塗装では東京23区の助成金申請も無料代行しております! 地域 補助金名 上限 対象者 算出方法 足立区 省エネリフォーム補助金 5万円 足立区に住民登録がある個人で、対象住宅に自ら居住している 補助対象経費1/3に相当する額 葛飾区 かつしかエコ助成金 20万円 葛飾区内に自ら居住している個人(または居住する予定)で、原則として世帯主である者 ・施工面積(㎡)に1,000円を乗じた金額 ・助成対象経費の4分の1(税抜) のいずれか低い金額 新宿区 新宿区個人住宅用新エネルギー及び省エネルギー機器等導入補助金制度 20万円 新宿区内に自ら居住している個人(または居住する予定) 施工面積(㎡)に2,000円を乗じた金額 墨田区 地球温暖化防止設備導入助成制度 20万円 墨田区内に建築物を所有する個人 工事費用の10%(税抜) 江東区 江東区地球温暖化防止設備導入助成事業 20万円 区内に存する住宅 施工面積(㎡)に1,000円を乗じた金額 世田谷区 世田谷区環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金 20万円 世田谷区内に住宅を所有し、自らが居住している世田谷区民 工事経費の10%まで 港区 港区高反射塗料等材料費助成 30万円 区内住宅 ・高反射塗料などの材料費の全額 ・助成対象面積(㎡)に2,000円を乗じた金額のいずれか低い金額 中央区 中央区住宅用自然エネルギー及び省エネルギー機器等導入費助成 10万円 区民 導入費の20% 台東区 高反射塗料施工助成金制度 15万円 区内に存する住宅 ・助成対象塗布面積(㎡)に2,000円を乗じた金額 ・工事費用の2分の1(税抜)のいずれか低い金額 大田区 住宅リフォーム助成事業 上限20万円 区内に存する住宅 助成対象額の5%~10% 品川区 住宅改修工事助成事業 20万円 工事対象住宅に居住している、または改修後に居住する品川区民 工事費用(税抜)の10% 目黒区 住宅リフォーム資金助成 10万円 目黒区民が区内に所有し、自身で居住する居住用住宅の増改修 工事費用(税抜)の10% 渋谷区 住宅簡易改修工事助成金 10万円 目黒区に住民登録がある個人で、対象住宅に居住している 工事費用(税抜)の10% 千代田区 令和4年度ヒートアイランド対策助成 10万円 高反射率塗料や熱交換塗料を使用 助成対象経費の50% 北区 新エネルギー及び省エネルギー機器等導入助成 10万円 区内に存する住宅 助成対象経費の50% 豊島区 住宅修繕・リフォーム資金助成事業 10万円~ 豊島区内に引き続き2年以上居住の個人住宅 助成対象工事に要した経費(消費税を除く)の30%以内 杉並区 杉並区低炭素化推進機器等導入助成【エコ住宅推進助成】 15万円 対象住宅を所有する杉並区民、またはこれから杉並区民になる個人 塗布面積(㎡)に1,000円を乗じた金額   深井塗装は、地元の外壁塗装・屋根工事をメインに、外装リフォーム工事を行っています。 ① 地域密着対応 主に東京23区を中心に埼玉県南部、千葉県で活動しています。屋根・外壁工事の無料現地調査・お見積もりを行い、「何かあったら直ぐに駆け付ける」をモットーに迅速な対応を心掛けています。 ② 安心価格。 交通費や時間の削減を図り、適正価格でお見積もりを提供しています。ご予算に合わせて工事内容を提案することも可能です。 ③ 的確なプランの提案 お客様の将来設計や劣化状況を考慮し、会社都合でなくお客様に最適なプランを提案します。お見積りは複数パターンを作成しています。 ④ 安心保証 屋根リフォーム工事には最大25年の保証、外壁塗装工事には10~15年の保証が付いています。アフターメンテナンスや万が一のトラブルにも迅速に対応します。 ⑤ 火災保険申請のサポート 屋根の被害状況を調査し、火災保険の申請やアドバイスを行っています。経験豊富なプロにお任せください。 屋根修理や外壁塗装をご検討中の方は、まずは無料の屋根点検・お見積もり・雨漏り調査を受けてみることをお勧めします。深井塗装では無理な営業はいたしませんので、お気軽にご相談ください!

New

2024年05月12日 更新

「棟板金が浮いてますよ」怪しい手口に要注意!

みなさん、こんにちは!! 外壁塗装・屋根工事専門店の深井塗装です! 深井塗装は、国家資格を持つ自社職人が施工する地域密着型の外壁塗装専門店です。 サービス内容は外壁塗装、屋根塗装、屋根カバー工法、屋根葺き替え工事、防水工事、シーリング工事を提供しています。 足立区・荒川区・葛飾区・北区・草加市、他東京23区で屋根工事や外壁塗装をお考えの方はお気軽に弊社へご相談ください。   屋根修理の飛び込み営業にご注意ください! 棟板金が浮いているなんて嘘? ■今回のテーマは巧妙な屋根修理の訪問営業の手口!4つのポイント 屋根修理の訪問業者は自らが怪しいと認識しており、その印象を払拭するためにさまざまな手段を使って消費者を巧妙に誘導しようとします。訪問業者の巧妙な手法はいくつかありますが、ここではよく使われる手法を4つご紹介します。 【屋根の棟板金が浮いていますよ】棟板金とは、屋根のてっぺんにある金属の板金です。通常、棟板金の損傷は下からでは確認できませんが、「板金が剥がれて落ちそうなので早めに修理した方が良い」「早く対応しないと手遅れになる」といった言葉でお客さんの不安を煽り、契約を迫る手法があります。見えにくい棟板金の損傷が確認できない場合、その訪問業者の主張はほぼ嘘と考えてください。 【たまたま近くで工事をしていて見えたんです 】訪問してくる業者が「たまたま近くで工事をしていて、見えたのでお知らせしました」と言ってきます。一見親切心からの行動のように見えますが、これも訪問営業の常套手段です。安易に信用せず、会社名や担当者名、工事場所の住所を確認し、その場で契約しないように注意してください。 【無料で屋根の点検しましょうか 】「ちょうど機材があるので、無料で点検しましょうか?」と誘導してくる業者もいます。無料点検と聞くとありがたいサービスに思えますが、訪問業者を屋根に上らせてはいけません。訪問業者が見えないところで故意に屋根を壊す可能性があるからです。屋根の破損が本当にある場合でも、訪問業者を上に上らせないようにしましょう。 被害を伝えるだけで営業をかけてこない 屋根の破損を指摘したり不安を煽ったりしながらも、具体的な行動を起こさない訪問業者もいます。このような業者は非常に狡猾で、お客さんに気持ちを安心させながら契約を結びにくい状況を作ります。こうした業者には絶対に契約しないようにしましょう。 屋根修理の訪問業者には十分に注意してください。怪しいと感じた場合は、訪問業者とは契約の話をしないようにすることが重要です。 ■もし詐欺業者と契約を結んでしまった場合は、クーリングオフを利用しましょう。クーリングオフ制度は、主に訪問販売で締結した契約や購入したものを、契約の前に遡って無条件でキャンセルできる制度です。 クーリングオフできる期間は、書類の交付から8日間です。期間内であれば無条件で可能です。やり方は、ハガキに書いて投函するだけです。ハガキは届いてないという言い逃れをさせないために、簡易書留やレターパックを利用するのも有効です。 クーリングオフできる条件は、適切な説明や正しい書面の交付が行われていない場合は8日間を過ぎていてもクーリングオフ可能です。訪問販売でクーリングオフ対象外となるケースはなく、工事着工後であってもクーリングオフは可能です。 クーリングオフはできないと思ってしまって手続きを行わない方がいますが、これは損する可能性が高いです。キャンセルしたいと思ったら、まずクーリングオフのハガキを投函して、その後消費者センターなどに相談を行いましょう。クーリングオフが対象外だったとしても民法による契約解除や代金の減額が可能な場合もありますので、少しでも怪しいと感じた場合はお近くの消費者センターに相談してみてください。   深井塗装は、地元の外壁塗装・屋根工事をメインに、外装リフォーム工事を行っています。 ① 地域密着対応 主に東京23区を中心に埼玉県南部、千葉県で活動しています。屋根・外壁工事の無料現地調査・お見積もりを行い、「何かあったら直ぐに駆け付ける」をモットーに迅速な対応を心掛けています。 ② 安心価格。 交通費や時間の削減を図り、適正価格でお見積もりを提供しています。ご予算に合わせて工事内容を提案することも可能です。 ③ 的確なプランの提案 お客様の将来設計や劣化状況を考慮し、会社都合でなくお客様に最適なプランを提案します。お見積りは複数パターンを作成しています。 ④ 安心保証 屋根リフォーム工事には最大25年の保証、外壁塗装工事には10~15年の保証が付いています。アフターメンテナンスや万が一のトラブルにも迅速に対応します。 ⑤ 火災保険申請のサポート 屋根の被害状況を調査し、火災保険の申請やアドバイスを行っています。経験豊富なプロにお任せください。 屋根修理や外壁塗装をご検討中の方は、まずは無料の屋根点検・お見積もり・雨漏り調査を受けてみることをお勧めします。深井塗装では無理な営業はいたしませんので、お気軽にご相談ください😊👍

New

足立区・東京23区・埼玉県南部地域密着!
お客様の大切なお家を
守ります
ご相談見積り診断無料です!!

0120-121-888 【営業時間】8:00~19:00

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約でQUOカード進呈!!来店予約はこちら
  • クオカード進呈お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!