スタッフブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > スタッフブログ

深井塗装の現場日誌・現場ブログ 記事一覧

2024年06月14日 更新

外壁のクリヤー塗装ってどうなの?

みなさん、こんにちは!! 外壁塗装・屋根工事専門店の深井塗装です! 深井塗装は、国家資格を持つ自社職人が施工する地域密着型の外壁塗装専門店です。 サービス内容は外壁塗装、屋根塗装、屋根カバー工法、屋根葺き替え工事、防水工事、シーリング工事を提供しています。 足立区・荒川区・葛飾区・北区・草加市、他東京23区で屋根工事や外壁塗装をお考えの方はお気軽に弊社へご相談ください。   今回は「クリヤー塗装」についてご紹介します。🖊️   窯業サイディングの外壁材には、多様なバリエーションがあり、レンガ調やタイル調、木目風などがあります。 外壁塗装が必要になったときに、サイディングの模様をそのまま残したいと考える方は多いでしょう。   クリヤー塗装とは クリヤー塗装は無色透明の塗料を使用し、外壁材の意匠をそのままに塗装する方法です。 外壁の存在感や木目を生かしながら、塗料の保護機能や艶出し効果を発揮します。   クリヤー塗装の効果 外壁塗装は外壁の寿命を延ばす効果があり、クリヤー塗料を使用した場合も同様です。 外壁に光沢が出ることで、色や柄がより美しく見えるようになります。   クリヤー塗装ができない場合もあります クリヤー塗装ができるかどうかの判断は難しいです。以下のような劣化症状がある場合は、クリヤー塗装は難しいと考えられます。   1. 指で触ると白くなるチョーキング現象 2. コケなどが染み付いた状態 3. 外壁材が剥がれている状態     ただし、下地処理を行いクリヤー塗装が可能な場合もありますので、現場調査を詳しく行い判断いたします。   クリヤー塗装ができない窯業サイディング 1. 光触媒、フッ素、無機系のコーティングや塗装がされている外壁サイディングにはクリヤー塗装はできません。クリヤー塗装をしても剥がれる可能性があります。 2. 金属サイディングは表面が滑らかなため、クリヤー塗装には向いていません。ガルバリウム鋼板などの金属サイディングを塗装する際は、下地に錆止め塗料を使います。クリヤー塗装は下塗りを必要としないため、錆の心配が残ります。 まとめ クリヤー塗装は、現在の外壁の意匠をそのまま残したい方にお勧めです。判断基準は難しいため、現場調査で詳しく診断させていただきます。劣化が激しくなる前にクリヤー塗装を行うことをお勧めします😊   深井塗装は、地元の外壁塗装・屋根工事をメインに、外装リフォーム工事を行っています。 ① 地域密着対応 主に東京23区を中心に埼玉県南部、千葉県で活動しています。屋根・外壁工事の無料現地調査・お見積もりを行い、「何かあったら直ぐに駆け付ける」をモットーに迅速な対応を心掛けています。 ② 安心価格。 交通費や時間の削減を図り、適正価格でお見積もりを提供しています。ご予算に合わせて工事内容を提案することも可能です。 ③ 的確なプランの提案 お客様の将来設計や劣化状況を考慮し、会社都合でなくお客様に最適なプランを提案します。お見積りは複数パターンを作成しています。 ④ 安心保証 屋根リフォーム工事には最大25年の保証、外壁塗装工事には10~15年の保証が付いています。アフターメンテナンスや万が一のトラブルにも迅速に対応します。 ⑤ 火災保険申請のサポート 屋根の被害状況を調査し、火災保険の申請やアドバイスを行っています。経験豊富なプロにお任せください。 屋根修理や外壁塗装をご検討中の方は、まずは無料の屋根点検・お見積もり・雨漏り調査を受けてみることをお勧めします。深井塗装では無理な営業はいたしませんので、お気軽にご相談ください!

New外壁塗装

2024年06月14日 更新

茅葺き屋根とは?メリットとデメリットも解説!

みなさん、こんにちは!! 外壁屋根の塗装専門店の深井塗装です! 深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型の外壁塗装専門店です。 ◎深井塗装のサービス内容 外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事   日本の伝統的な建築様式において、茅葺き屋根は古来より人々の暮らしを支えてきました。 その優美なシルエットは、風景に溶け込み、どこか懐かしさと温かさを与えてくれます。 世界文化遺産に登録されている白川郷や五箇山の合掌造りなど、古き良き日本の原風景を象徴する茅葺き屋根は、単なる建築様式を超えて、日本の文化と歴史を物語る重要な存在です。 しかし現代においては、建築素材の多様化やライフスタイルの変化に伴い、茅葺き屋根は徐々に姿を消しつつあります。 それでもなお、茅葺き屋根の魅力に惹かれ、その伝統を守り、現代に蘇らせようとする人々がいるのも事実です。 この記事では、茅葺き屋根の歴史的背景や著名な例、およびメリットとデメリットについて見ていきます。 □茅葺き屋根とは? 茅葺き屋根とは、ススキやヨシ、藁(わら)などの自然素材を屋根材として使用した伝統的な建築様式です。 その起源は古く、縄文時代まで遡ると言われています。 日本では古くから、茅葺き屋根が農家や寺社、城郭などに用いられてきました。 1: 歴史的な背景 茅葺き屋根は、日本人の生活と密接に関係してきました。 かつては、身近な自然素材である茅が、屋根材として利用されてきました。 茅は、生育が早く、手に入りやすく、しかも耐久性に優れていたことから、古来より屋根材として重宝されてきました。 2: 著名な例 茅葺き屋根は、日本の各地で見られます。 特に有名なのは、岐阜県白川郷の合掌造り集落です。 白川郷の合掌造りは、急勾配の屋根が特徴で、その独特な形状は、雪の多い地域に適した構造として知られています。 また、富山県五箇山の合掌造り集落も、白川郷と同様に世界文化遺産に登録されています。 □茅葺き屋根のメリットとデメリットについて 茅葺き屋根は、伝統的な建築様式として、その美しさや機能性から、現代でも高い評価を得ています。 しかし、現代の建築において、茅葺き屋根を採用する際には、メリットとデメリットを理解しておくことが重要です。 *茅葺き屋根のメリット 1. 環境への配慮 茅は自然素材であり、再生可能な資源です。 また、CO2を吸収するため、環境負荷の低い建築材料と言えます。 2.調湿効果 茅は、湿度を調整する効果があります。 夏は湿気を吸収し、冬は湿気を放出することで、快適な室内環境を保ちます。 3.遮音効果 茅は、音の吸収効果も高く、外部からの騒音を軽減する効果があります。 * 茅葺き屋根のデメリット 1.耐火性 茅は可燃性が高いため、火災のリスクが高いというデメリットがあります。 2.メンテナンス 茅葺き屋根は、定期的なメンテナンスが必要です。 また、茅の交換や葺き替えには、専門的な技術が必要となります。 3.コスト 茅葺き屋根は、他の屋根材と比べて、初期費用が高くなる傾向があります。 4.施工時間 茅葺き屋根の施工には、熟練した職人の手が必要で、施工時間がかかる場合があります。 □まとめ 茅葺き屋根は、日本の伝統的な建築様式であり、その美しさや機能性から、現代においても高い評価を得ています。 環境への配慮、調湿効果、遮音効果など、現代の建築にも多くのメリットをもたらします。 しかし、耐火性、メンテナンス、コスト、施工時間など、デメリットも存在します。 茅葺き屋根を採用する際には、そのメリットとデメリットを理解した上で、慎重に検討することが重要です。 現代社会において、伝統と革新が融合した新しい建築様式として、茅葺き屋根が再び注目を集め、人々の暮らしを豊かにする可能性を秘めていると言えるでしょう。 当社はお客様にに安心して工事を依頼してもらえるようトラブルを防ぐために、事前に挨拶回りや騒音対策などを配慮して工事を行っております。 外壁塗装・屋根工事をお考えの方はぜひ当社までご相談ください。   深井塗装は創業以来、地域のお客様に高品質塗装×安心をご提供するため、実績と信頼の老舗塗料メーカー「アステックペイント」の塗料を取り扱い、施工実績を積み重ねてきました! 今回も定期開催しているカラー紹介を行っていきます。 今回は「ブロークンホワイト(色番号:8091)」です。 ブロークンホワイトは、温かみのある黄みがかった白色です。アステックペイントの中でも根強い人気を誇るこの色は、日本の景観と調和しやすく、明るく優しい印象を与えます。建物の和洋を問わず、どのスタイルにもオールマイティーに使えるのが魅力です。ニュートラルホワイトに比べて、より明るく温かみのある仕上がりになります。

New

2024年06月14日 更新

屋根を長持ちさせるラバーロックとは:真実と施工のポイントを解説

みなさん、こんにちは!! 外壁屋根の塗装専門店の深井塗装です! 深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型の外壁塗装専門店です。 ◎深井塗装のサービス内容 外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事 自宅の屋根の修理を検討中の方へ。 ラバーロック工法に興味はあるものの、その効果や施工方法について不安を感じていませんか?本記事では、ラバーロック工法の正しい理解と賢明な業者選びのポイントをお伝えします。 信頼できる情報を得て、長期的な屋根の保護とコスト効率の良い修理を実現しましょう。 □ラバーロックとは ラバーロック工法とは、瓦と瓦の隙間にコーキング材を充填することで、屋根の耐震性と防水性を向上させる手法です。 この工法を適切に施すことで、以下のようなメリットが得られます。 1:瓦のズレや脱落を防止 地震や強風によって瓦がずれたり、落下したりするリスクを軽減できます。 コーキング材が瓦同士を強固に固定するため、屋根の耐震性が格段に向上するのです。 2:屋根の防水性能を強化 経年劣化によって生じた瓦の歪みや隙間から、雨水が屋内に侵入するのを防ぎます。 コーキング材が雨水の浸透を食い止め、雨漏りのリスクを低減してくれます。 3:葺き替えや葺き直しに比べてコストを抑制 瓦を全て取り替える葺き替えや、一部の瓦を取り替える葺き直しと比較して、ラバーロック工法は費用を大幅に抑えられます。 屋根の状態によっては、最も経済的な修繕方法と言えるでしょう。 ただし、これらの効果を得るには、正しい施工方法が不可欠です。 次の章では、ラバーロック工法の適切な施工手順について詳しく解説します。 □正しいラバーロックの施工方法   ラバーロック工法を適切に行うには、次のようなポイントに注意が必要です。 1:平瓦部分はL字型にコーキング 平瓦の左側面と下側面が重なる部分のみにコーキングを施します。 過剰なコーキングは避け、L字型に見える程度が適量です。 2:棟瓦部分はT字の隙間にコーキング 棟瓦を熨斗形に交互に積んだ際にできるT字型の隙間に、コーキング材を充填します。 これにより、最小限の材料で棟瓦全体を連結できます。 3:瓦の4辺全てにコーキングしない 瓦の隙間を全て埋めてしまうと、通気性が失われ、屋根内部に湿気がこもります。 結露や雨漏りに繋がるため、避けるべき施工方法です。 4:1棟あたりの適正価格は15〜20万円 ラバーロック工法の相場は、1棟につき15万円から20万円程度です。 葺き替えや葺き直しに比べて安価ですが、安すぎる業者には注意が必要です。 施工業者選びは、ラバーロック工法の効果を左右する重要な要素です。 次の点に留意して、信頼できる業者を見極めましょう。 ・正しい施工方法を理解し、実践しているか ・過剰な施工を提案したり、必要以上の費用を請求したりしないか ・アフターフォローや保証内容は充実しているか     □まとめ ラバーロック工法は、瓦屋根の耐震性と防水性を向上させる効果的な方法です。 瓦のズレや脱落を防ぎ、雨漏りのリスクを低減することで、屋根を長期的に保護してくれます。 また、葺き替えや葺き直しと比べて費用を抑えられるのも大きな利点と言えるでしょう。 ただし、これらの効果を得るには、正しい施工方法を実践できる信頼できる業者選びが不可欠です。 過剰なコーキングを避け、適切な箇所に必要な量だけ施工することが重要なポイントとなります。 本記事を参考に、ラバーロック工法への理解を深め、自宅の屋根の長寿命化とコスト削減を実現してください。 専門知識を持つ業者とともに、快適で安全な住まいを手に入れましょう。   深井塗装は創業以来、地域のお客様に高品質塗装×安心をご提供するため、実績と信頼の老舗塗料メーカー「アステックペイント」の塗料を取り扱い、施工実績を積み重ねてきました! 今回も定期開催しているカラー紹介を行っていきます。 今回は「ブロークンホワイト(色番号:8091)」です。 ブロークンホワイトは、温かみのある黄みがかった白色です。アステックペイントの中でも根強い人気を誇るこの色は、日本の景観と調和しやすく、明るく優しい印象を与えます。建物の和洋を問わず、どのスタイルにもオールマイティーに使えるのが魅力です。ニュートラルホワイトに比べて、より明るく温かみのある仕上がりになります。

New

2024年06月13日 更新

屋根の材料を種類別に解説!:耐久性とコストを考慮した屋根材の選び方

  みなさん、こんにちは!! 外壁屋根の塗装専門店の深井塗装です! 深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型の外壁塗装専門店です。 ◎深井塗装のサービス内容 外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事   自宅を所有する上で、屋根のメンテナンスやリノベーションは重要な関心事です。 屋根材の選択は、家の外観だけでなく、耐久性や費用対効果にも大きな影響を与えます。 本記事では、屋根材の種類や特性、価格、選び方のポイントについて詳しく解説し、あなたの家に最適な屋根材選びをサポートします。 □屋根の材料の種類と基本情報 屋根の材料の種類がありますが、ここでは一般的な瓦、スレート、セメント瓦、トタン、ガルバリウム鋼板の基本特性と利点、欠点を紹介します。 1:瓦(和瓦・洋瓦) 瓦は粘土を使った焼き物の屋根材で、耐久性が高く、塗り替えの必要がありません。 遮音性、断熱性、耐熱性に優れていますが、重量があるため耐震性を考慮した工事が必要です。 耐久年数は50年~100年、価格は8,000円~12,000円/㎡(材工費)程度です。 メリットは不燃材料で耐火性が高く、破損しても1枚単位で交換できること、デザイン性が高いことなどが挙げられます。 一方、デメリットは重量があるため地震の揺れに弱く、高額な工事になる可能性があることです。 2:スレート(コロニアル・カラーベスト) スレートはセメント成分に繊維質の材料を織り交ぜてできた薄い屋根板で、一般的に広く使用されています。 価格が安価で、デザインやカラーのバリエーションが豊富なことが特徴です。 耐久年数は20年~25年、価格は4,500円~8,000円/㎡(材工費)程度です。 メリットは瓦などに比べて安価で、カラーバリエーションが豊富なこと、耐火性や断熱性に優れていることなどが挙げられます。 軽量のため耐震性にも優れています。 デメリットは耐久年数が瓦に比べて短いことです。 3:セメント瓦 セメント瓦は、セメントと砂、石灰石などを混ぜ合わせて作られる屋根材です。 耐久性が高く、価格も比較的安価です。 耐久年数は30年~50年、価格は5,000円~8,000円/㎡(材工費)程度です。 メリットは耐久性が高く、価格が安価なことです。 また、多様なデザインや色があり、選択肢が広いのも魅力です。 デメリットは重量があるため、耐震性を考慮した工事が必要なことです。 4:トタン トタンは、薄い鉄板に亜鉛メッキを施した屋根材です。 軽量で安価ですが、耐久性はあまり高くありません。 耐久年数は10年~15年、価格は2,000円~4,000円/㎡(材工費)程度です。 メリットは軽量で安価なこと、施工が簡単なことなどが挙げられます。 デメリットは耐久性が低く、錆びやすいことです。 5:ガルバリウム鋼板 ガルバリウム鋼板は、亜鉛とアルミニウムの合金めっきを施した鋼板です。 耐久性が高く、軽量で施工が簡単です。 耐久年数は30年~50年、価格は3,000円~5,000円/㎡(材工費)程度です。 メリットは耐久性が高く、軽量で施工が簡単なことです。 また、様々なデザインや色があり、選択肢が広いのも魅力です。 デメリットは金属特有の熱膨張による音が発生することがあることです。 □屋根材の選び方と主要なポイント   屋根材を選ぶ際には、価格、デザイン、耐用年数の三つの要素を考慮することが重要です。 ここでは、これらの要素が屋根材選択にどのように影響するかを説明し、特定の家屋やライフスタイルに最適な材料を選ぶためのアドバイスを提供します。 ・価格 屋根材の価格は、工事費用に大きな影響を与えます。 安価な屋根材としては、スレート、トタン、ガルバリウム鋼板などがあります。 ただし、トタンは耐用年数が短いため、長期的なコスト効果を考えると、スレートやガルバリウム鋼板が推奨されます。     □まとめ   本記事では、屋根材の種類や特性、価格、選び方のポイントについて詳しく解説し、あなたの家に最適な屋根材選びをサポートしました。 何か質問があれば、いつでもご相談ください。   深井塗装は創業以来、地域のお客様に高品質塗装×安心をご提供するため、実績と信頼の老舗塗料メーカー「アステックペイント」の塗料を取り扱い、施工実績を積み重ねてきました! 今回も定期開催しているカラー紹介を行っていきます。 今回は「アイアンバーグ(色番号:8092)」です。 アイアンバーグは格調高い重厚感のある色味が特徴です。 全体に使うよりもツートンカラーの1階部分に使用するなどアクセントをつけることなどに向いています。建物自体の雰囲気を一気に引き締めますよ!

New

2024年06月12日 更新

足立区の助成金で外壁塗装や屋根塗装をお得に! 申請から工事完了報告まで無料代行します!

みなさん、こんにちは!! 外壁塗装・屋根工事専門店の深井塗装です! 深井塗装は、国家資格を持つ自社職人が施工する地域密着型の外壁塗装専門店です。 サービス内容は外壁塗装、屋根塗装、屋根カバー工法、屋根葺き替え工事、防水工事、シーリング工事を提供しています。 足立区・荒川区・葛飾区・北区・草加市、他東京23区で屋根工事や外壁塗装をお考えの方はお気軽に弊社へご相談ください。   足立区民の皆様必見!🖊️ 足立区では、令和6年4月以降に行われる外壁塗装や屋根塗装に対し、最大5万円の助成金が提供されます。 さらに、毎年足立区では省エネリフォーム補助金制度もあります。この制度は、足立区内の建物や住宅の省エネルギー化を目指す改修を行った方に、予算の範囲内で一部費用を補助するものです。これにより、住宅の省エネルギー化が促進され、低炭素社会の構築が進むことを目指しています。 助成金の上限額は5万円です。足立区在住の方は、この機会にぜひご利用ください。   申請は弊社が無料代行をいたしますのでお任せください!   補助対象工事 の種別 補助対象工事の内容 ガラスの交換 既存のガラスを熱貫流率が2.33以下であるものに交換すること 窓の交換 既存の窓を熱貫流率が2.33以下であるものに交換すること 内窓の新設 既存の窓の内側に新たに熱貫流率が2.33以下である窓を設置すること 断熱材の設置 熱伝導率が0.041以下である断熱材を設置すること ただし、天井断熱工事に用いる吹込み断熱材の場合は、R値(熱抵抗値)が2.7以上であること 遮熱塗装 近赤外線領域における日射反射率が50%以上の塗料で塗装すること   利用できる方 ※工事着工前の申請が必要です。 以下の要件、1から11のすべてを満たす方 工事の着工前であること。 ※申請書類は、工事着工予定日の3開庁日前までにご提出ください。 ※足場をかけた時点で、工事を着工したと判断いたします。 区内の自らが居住する既存の住宅で、その所在地が住民登録地と同一であること。 ※遮熱塗装の場合は、戸建て住宅であること。 補助対象工事に使用する製品が新品であること。 補助対象工事の請負業者が区内業者であること。 同一年度内において、本要綱に基づく補助金の交付を受けていないこと。 令和7年2月28日までに工事を完了し、令和7年3月31日までに完了報告を行えること。 ※ 完了報告時に、領収書等の添付が必要となりますので、ご注意ください。 補助の対象となる経費が、税抜き5万円以上であること。 不動産登記上の一棟の建物単位での申請であること。ただし、集合住宅の場合は一戸単位での申請とする。 補助対象工事を行う種別が、過去5年以内に本要綱に基づく補助金の交付決定の対象となっていないこと。 補助対象者に住民税の滞納がないこと。 補助対象工事について、区から当該本補助金以外に補助金に係る交付決定を受けていないこと。 以上が足立区助成金の詳細となります。   深井塗装では東京23区の助成金申請も無料代行しております!   地域 補助金名 上限 対象者 算出方法 足立区 省エネリフォーム補助金 5万円 足立区に住民登録がある個人で、対象住宅に自ら居住している 補助対象経費1/3に相当する額 葛飾区 かつしかエコ助成金 20万円 葛飾区内に自ら居住している個人(または居住する予定)で、原則として世帯主である者 ・施工面積(㎡)に1,000円を乗じた金額 ・助成対象経費の4分の1(税抜) のいずれか低い金額 新宿区 新宿区個人住宅用新エネルギー及び省エネルギー機器等導入補助金制度 20万円 新宿区内に自ら居住している個人(または居住する予定) 施工面積(㎡)に2,000円を乗じた金額 墨田区 地球温暖化防止設備導入助成制度 20万円 墨田区内に建築物を所有する個人 工事費用の10%(税抜) 江東区 江東区地球温暖化防止設備導入助成事業 20万円 区内に存する住宅 施工面積(㎡)に1,000円を乗じた金額 世田谷区 世田谷区環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金 20万円 世田谷区内に住宅を所有し、自らが居住している世田谷区民 工事経費の10%まで 港区 港区高反射塗料等材料費助成 30万円 区内住宅 ・高反射塗料などの材料費の全額 ・助成対象面積(㎡)に2,000円を乗じた金額のいずれか低い金額 中央区 中央区住宅用自然エネルギー及び省エネルギー機器等導入費助成 10万円 区民 導入費の20% 台東区 高反射塗料施工助成金制度 15万円 区内に存する住宅 ・助成対象塗布面積(㎡)に2,000円を乗じた金額 ・工事費用の2分の1(税抜)のいずれか低い金額 大田区 住宅リフォーム助成事業 上限20万円 区内に存する住宅 助成対象額の5%~10% 品川区 住宅改修工事助成事業 20万円 工事対象住宅に居住している、または改修後に居住する品川区民 工事費用(税抜)の10% 目黒区 住宅リフォーム資金助成 10万円 目黒区民が区内に所有し、自身で居住する居住用住宅の増改修 工事費用(税抜)の10% 渋谷区 住宅簡易改修工事助成金 10万円 目黒区に住民登録がある個人で、対象住宅に居住している 工事費用(税抜)の10% 千代田区 令和4年度ヒートアイランド対策助成 10万円 高反射率塗料や熱交換塗料を使用 助成対象経費の50% 北区 新エネルギー及び省エネルギー機器等導入助成 10万円 区内に存する住宅 助成対象経費の50% 豊島区 住宅修繕・リフォーム資金助成事業 10万円~ 豊島区内に引き続き2年以上居住の個人住宅 助成対象工事に要した経費(消費税を除く)の30%以内 杉並区 杉並区低炭素化推進機器等導入助成【エコ住宅推進助成】 15万円 対象住宅を所有する杉並区民、またはこれから杉並区民になる個人 塗布面積(㎡)に1,000円を乗じた金額   深井塗装は、地元の外壁塗装・屋根工事をメインに、外装リフォーム工事を行っています👍 ① 地域密着対応 主に東京23区を中心に埼玉県南部、千葉県で活動しています。屋根・外壁工事の無料現地調査・お見積もりを行い、「何かあったら直ぐに駆け付ける」をモットーに迅速な対応を心掛けています。 ② 安心価格。 交通費や時間の削減を図り、適正価格でお見積もりを提供しています。ご予算に合わせて工事内容を提案することも可能です。 ③ 的確なプランの提案 お客様の将来設計や劣化状況を考慮し、会社都合でなくお客様に最適なプランを提案します。お見積りは複数パターンを作成しています。 ④ 安心保証 屋根リフォーム工事には最大25年の保証、外壁塗装工事には10~15年の保証が付いています。アフターメンテナンスや万が一のトラブルにも迅速に対応します。 ⑤ 火災保険申請のサポート 屋根の被害状況を調査し、火災保険の申請やアドバイスを行っています。経験豊富なプロにお任せください。 屋根修理や外壁塗装をご検討中の方は、まずは無料の屋根点検・お見積もり・雨漏り調査を受けてみることをお勧めします。深井塗装では無理な営業はいたしませんので、お気軽にご相談ください!

New

2024年06月12日 更新

折半屋根とは?:耐久性と設置事例の詳細

  みなさん、こんにちは!! 外壁屋根の塗装専門店の深井塗装です! 深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型の外壁塗装専門店です。 ◎深井塗装のサービス内容 外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事   折半屋根は、住宅やビジネス施設の屋根材として幅広く使用されています。 その特徴的な形状と優れた性能により、多くの建築主から選ばれています。 本記事では、折半屋根の基本的な特性やメリット、そして雨漏り対策についてわかりやすく解説します。 折半屋根を検討している方や、すでに設置済みの方にとって役立つ情報が満載です。 ぜひ最後までご一読ください。 □折半屋根とは?基本事項と特徴を解説 折半屋根とは、金属板を折り曲げて波型に加工した屋根材のことを指します。 主に使用される材料は、ガルバリウム鋼板、亜鉛メッキ鋼板、塩ビ鋼板などです。 この折り曲げ加工によって、屋根材の強度が高められています。 折半屋根は、以下のような特徴を持っています。 1:軽量で耐久性が高い 折半屋根に使用される金属材は、他の屋根材と比べて軽量であるため、建物への負担が少なく、地震時の揺れを軽減できます。 また、折り曲げ加工によって強度が高められているため、耐用年数は約20〜30年と長持ちします。 2:施工の自由度が高い 折半屋根は、様々な形状や大きさの建物に適用可能です。 また、ハゼ締め、重ね、嵌合など、施工方法も複数あるため、建物の特性に合わせて最適な方法を選べます。 3:工事期間が比較的短い 折半屋根の施工は、他の屋根材と比べて比較的短期間で完了します。 これは、材料が軽量で扱いやすく、加工がシンプルであるためです。 工期の短縮は、コスト面でもメリットとなります。 折半屋根は、これらの利点から、工場や倉庫などの大型建築物だけでなく、自転車置き場や車庫などの身近な屋根材としても広く使用されています。 アスベスト問題や雨漏りの懸念から、従来の波型スレートから折半屋根への切り替えを検討する方も増えています。   □折半屋根から雨漏りを防ぐ方法 折半屋根は優れた防水性能を持っていますが、適切なメンテナンスを怠ると雨漏りが発生する可能性があります。 折半屋根で起こる雨漏りの主な原因は以下の通りです。 1:接合用金具の劣化 金属同士を接合する金具が、経年劣化や腐食によって機能を失うと、雨水が屋内に侵入しやすくなります。 2:屋根材の変形 強風や経年劣化によって屋根材が変形すると、隙間ができて雨漏りの原因となります。 3:屋根材自体の穴あき 金属の腐食が進行すると、屋根材に穴があく恐れがあります。 これらの問題を防ぐには、定期的なメンテナンスが不可欠です。 具体的には、以下のような対策が効果的です。 1:塗装 金属部分の錆び対策として、定期的なケレンと防錆処理、そして塗装が重要です。 特にボルトや留め金具部分は注意が必要です。 2:カバー工法 既存の屋根材の上に新しい屋根材を重ねる工法です。 断熱性能の向上も期待できます。   古い屋根材を撤去して新しい屋根材に交換する方法です。 梁の交換などが必要な場合に適しています。 これらのメンテナンス方法を適切に実施することで、折半屋根から雨漏りを防ぎ、建物の耐久性を高めることができます。   □まとめ 折半屋根は、軽量で耐久性が高く、施工の自由度が高いという特長を持った屋根材です。 工場や倉庫、自転車置き場や車庫など、様々な建物に使用されています。 一方で、雨漏り対策として定期的なメンテナンスが必要不可欠です。 接合部の劣化、屋根材の変形や穴あきなどの問題に対し、塗装、カバー工法、葺き替えなどの対策を講じることで、折半屋根のパフォーマンスを長く維持できます。 折半屋根の特性を理解し、適切なメンテナンスを行うことが、建物の長寿命化と快適性の確保につながります。 深井塗装は創業以来、地域のお客様に高品質塗装×安心をご提供するため、実績と信頼の老舗塗料メーカー「アステックペイント」の塗料を取り扱い、施工実績を積み重ねてきました! 今回も定期開催しているカラー紹介を行っていきます。 今回は「クールホワイト(色番号:9010)」です。 すっきりとした清涼感のあるソフトな白色は、建物に清潔で明快な印象を与えます。このニュートラルな白は、どんな色とも調和しやすく、彩度が低い淡彩色であり、外壁に多く使用されています。特に温かみのある色や無彩色との相性が抜群です!  

New

2024年06月11日 更新

一括見積りポータルサイトってどうなの?

みなさん、こんにちは!! 外壁塗装・屋根工事専門店の深井塗装です! 深井塗装は、国家資格を持つ自社職人が施工する地域密着型の外壁塗装専門店です。 サービス内容は外壁塗装、屋根塗装、屋根カバー工法、屋根葺き替え工事、防水工事、シーリング工事を提供しています。 足立区・荒川区・葛飾区・北区・草加市、他東京23区で屋根工事や外壁塗装をお考えの方はお気軽に弊社へご相談ください。   今回のテーマは外壁塗装一括見積りポータルサイトの利用は慎重に! です🖊️ 「外壁塗装」や「屋根塗装」とネットで検索すると、必ず上位に表示される外壁塗装ポータルサイト。聞こえの良い歌い文句を塗装を検討中のお客さんにささやいていますが、その実態はただの中抜きビジネスです。 今回は、そんな中抜ビジネスの仕組みと、この仕組みに対する一塗装業者としての不信感を記事としてまとめてみました。 はじめに 「屋根塗装」や「外壁塗装」は、安い買い物ではありません。だからこそ、塗装工事を検討中の方、特にネットでの情報収集に慣れ親しんだ方は、ウェブ上で塗装工事について情報を集めようとすると思います。 そして、たどり着いてしまうのが屋根・外壁塗装のポータルサイト。 「〇〇地域の塗装業者ランキング」 「〇〇で評判のトップ3社匿名一括見積もり」 「〇〇区で口コミで人気の外壁塗装業者紹介」 「〇〇%の利用者が〇〇万円安くなったと回答しています」 「外壁塗装の悪徳業者に騙されないでください」 「補助金で〇〇万円安くなります」 など、煽ったうたい文句で自社ポータルサイトにお客さんを誘い込んでいます。 しかし、実際のところこれらポータルサイトの多くは、地域の優良業者を探す上でも、価格に見合った外壁塗装を依頼する上でも、悪徳業者を回避する上でも、ほぼ全く機能しません。 地域の業者目線で見ると、「謎の業者Xを謎の基準で地域トップの優良業者としてお客さんに紹介し、工事契約成立の暁には成約報酬として決して小さくない中間マージンをふんだくる」かなり強引な商売であると言えます。 今回の記事では、そのような見方になる理由を、屋根外壁塗装ポータルサイトの仕組みとその利益構造の説明から紐解いていきたいと思います。   お客さん目線で見たポータルサイト利用体験 工事前の段階では、ポータルサイトはお客さんの住まいの近隣の複数の塗装業者から塗装工事の見積もりを一括で取得するためのツールとして機能します。 利用の流れとしては、まず、お客さんがポータルサイトにアクセスすると、お住まいの地域についての情報や連絡先などの個人情報の入力を求められます。 これらの個人情報を入力した後、その内容を元に複数のポータルサイト登録業者が現場調査に赴き、塗装工事の見積もりが作成されます。 作成された複数社の見積もりは、ポータルサイトの運営元に集められ、最終的には一括してお客さんの手元に届きます。   工事契約から工事完了まで 工事契約から工事完了に至るまでの間、ポータルサイトが果たす役割は何もありません。 お客さんはポータルサイトが提出した見積もりの中から、工事内容および金額的に最も納得できる業者を選択し、工事契約を締結します。 工事契約締結後、選ばれた業者とお客さんとの間で直接の連絡が開始され、工事日程や工事内容などに関するやり取りは全て選択された業者との間で行われます。 工事完了後、お客さんはポータルサイトに対して工事完了報告を行い、工事に対して支払われた費用のうち一定割合(契約金額の10%~20%)をポータルサイトが成約報酬として受け取る仕組みです。   外壁塗装業者目線で見たポータルサイト利用体験 一方、ポータルサイトを利用する塗装業者にとっては、ポータルサイトが提供するサービスを利用して新規の顧客を獲得することが主な目的となります。 そのため、ポータルサイトへの加盟には、一定の初期費用や案件紹介料(1件20,000~30,000円)が発生することが一般的です。 ただし、加盟業者に対しては、ポータルサイトが提供する見積もり依頼や新規お客さんの発注情報などを提供することで、新たなビジネスチャンスを提供することが期待されます。   悪徳業者排除のための取り組み 外壁塗装業界においては、悪徳業者の排除や信頼性向上のため、業者登録制度や外部の機関による業者の評価など、さまざまな取り組みが行われています。 しかし、これらの取り組みが完全なものであるとは限らず、悪徳業者がポータルサイトを利用してお客さんを騙すケースも後を絶ちません。 そのため、ポータルサイトを利用する際には、信頼性や安全性を確認するための情報収集が重要となります。 また、工事契約や支払いなどの取引においても、業者との契約内容を十分に確認し、注意を怠らないことが求められます。   深井塗装は、地元の外壁塗装・屋根工事をメインに、外装リフォーム工事を行っています。 ① 地域密着対応 主に東京23区を中心に埼玉県南部、千葉県で活動しています。屋根・外壁工事の無料現地調査・お見積もりを行い、「何かあったら直ぐに駆け付ける」をモットーに迅速な対応を心掛けています。 ② 安心価格。 交通費や時間の削減を図り、適正価格でお見積もりを提供しています。ご予算に合わせて工事内容を提案することも可能です。 ③ 的確なプランの提案 お客様の将来設計や劣化状況を考慮し、会社都合でなくお客様に最適なプランを提案します。お見積りは複数パターンを作成しています。 ④ 安心保証 屋根リフォーム工事には最大25年の保証、外壁塗装工事には10~15年の保証が付いています。アフターメンテナンスや万が一のトラブルにも迅速に対応します。 ⑤ 火災保険申請のサポート 屋根の被害状況を調査し、火災保険の申請やアドバイスを行っています。経験豊富なプロにお任せください。 屋根修理や外壁塗装をご検討中の方は、まずは無料の屋根点検・お見積もり・雨漏り調査を受けてみることをお勧めします。深井塗装では無理な営業はいたしませんので、お気軽にご相談ください!

New

2024年06月11日 更新

「棟板金が浮いてますよ」怪しい手口に要注意!

みなさん、こんにちは!! 外壁塗装・屋根工事専門店の深井塗装です! 深井塗装は、国家資格を持つ自社職人が施工する地域密着型の外壁塗装専門店です。 サービス内容は外壁塗装、屋根塗装、屋根カバー工法、屋根葺き替え工事、防水工事、シーリング工事を提供しています。 足立区・荒川区・葛飾区・北区・草加市、他東京23区で屋根工事や外壁塗装をお考えの方はお気軽に弊社へご相談ください。   屋根修理の飛び込み営業にご注意ください! 棟板金が浮いているなんて嘘?😱   ■今回のテーマは巧妙な屋根修理の訪問営業の手口!4つのポイント 屋根修理の訪問業者は自らが怪しいと認識しており、その印象を払拭するためにさまざまな手段を使って消費者を巧妙に誘導しようとします。訪問業者の巧妙な手法はいくつかありますが、ここではよく使われる手法を4つご紹介します。   【屋根の棟板金が浮いていますよ】棟板金とは、屋根のてっぺんにある金属の板金です。通常、棟板金の損傷は下からでは確認できませんが、「板金が剥がれて落ちそうなので早めに修理した方が良い」「早く対応しないと手遅れになる」といった言葉でお客さんの不安を煽り、契約を迫る手法があります。見えにくい棟板金の損傷が確認できない場合、その訪問業者の主張はほぼ嘘と考えてください。 【たまたま近くで工事をしていて見えたんです 】訪問してくる業者が「たまたま近くで工事をしていて、見えたのでお知らせしました」と言ってきます。一見親切心からの行動のように見えますが、これも訪問営業の常套手段です。安易に信用せず、会社名や担当者名、工事場所の住所を確認し、その場で契約しないように注意してください。 【無料で屋根の点検しましょうか 】「ちょうど機材があるので、無料で点検しましょうか?」と誘導してくる業者もいます。無料点検と聞くとありがたいサービスに思えますが、訪問業者を屋根に上らせてはいけません。訪問業者が見えないところで故意に屋根を壊す可能性があるからです。屋根の破損が本当にある場合でも、訪問業者を上に上らせないようにしましょう。 被害を伝えるだけで営業をかけてこない 屋根の破損を指摘したり不安を煽ったりしながらも、具体的な行動を起こさない訪問業者もいます。このような業者は非常に狡猾で、お客さんに気持ちを安心させながら契約を結びにくい状況を作ります。こうした業者には絶対に契約しないようにしましょう。   屋根修理の訪問業者には十分に注意してください。怪しいと感じた場合は、訪問業者とは契約の話をしないようにすることが重要です。   ■もし詐欺業者と契約を結んでしまった場合は、クーリングオフを利用しましょう。クーリングオフ制度は、主に訪問販売で締結した契約や購入したものを、契約の前に遡って無条件でキャンセルできる制度です。   クーリングオフできる期間は、書類の交付から8日間です。期間内であれば無条件で可能です。やり方は、ハガキに書いて投函するだけです。ハガキは届いてないという言い逃れをさせないために、簡易書留やレターパックを利用するのも有効です。   クーリングオフできる条件は、適切な説明や正しい書面の交付が行われていない場合は8日間を過ぎていてもクーリングオフ可能です。訪問販売でクーリングオフ対象外となるケースはなく、工事着工後であってもクーリングオフは可能です。   クーリングオフはできないと思ってしまって手続きを行わない方がいますが、これは損する可能性が高いです。キャンセルしたいと思ったら、まずクーリングオフのハガキを投函して、その後消費者センターなどに相談を行いましょう。クーリングオフが対象外だったとしても民法による契約解除や代金の減額が可能な場合もありますので、少しでも怪しいと感じた場合はお近くの消費者センターに相談してみてください。   深井塗装は、地元の外壁塗装・屋根工事をメインに、外装リフォーム工事を行っています。 ① 地域密着対応 主に東京23区を中心に埼玉県南部、千葉県で活動しています。屋根・外壁工事の無料現地調査・お見積もりを行い、「何かあったら直ぐに駆け付ける」をモットーに迅速な対応を心掛けています。 ② 安心価格。 交通費や時間の削減を図り、適正価格でお見積もりを提供しています。ご予算に合わせて工事内容を提案することも可能です。 ③ 的確なプランの提案 お客様の将来設計や劣化状況を考慮し、会社都合でなくお客様に最適なプランを提案します。お見積りは複数パターンを作成しています。 ④ 安心保証 屋根リフォーム工事には最大25年の保証、外壁塗装工事には10~15年の保証が付いています。アフターメンテナンスや万が一のトラブルにも迅速に対応します。 ⑤ 火災保険申請のサポート 屋根の被害状況を調査し、火災保険の申請やアドバイスを行っています。経験豊富なプロにお任せください。 屋根修理や外壁塗装をご検討中の方は、まずは無料の屋根点検・お見積もり・雨漏り調査を受けてみることをお勧めします。深井塗装では無理な営業はいたしませんので、お気軽にご相談ください😊👍

New

2024年06月11日 更新

屋根ハゼの役割と施工法:立平葺きで知るべき基本と技術

  屋根は家を雨風から守る重要な役割を担っています。 中でも金属屋根は耐久性に優れ、様々な施工方法があります。 本記事では、金属屋根の施工において欠かせない技術であるハゼに着目し、その役割と種類、そして立平葺きという施工方法の特徴について解説します。 建築に関心が高く、屋根の構造や材料に詳しい方に向けて、適切な材料選びと施工方法の選定に役立つ情報をお届けします。 □屋根の基本:ハゼの役割と種類 ハゼとは、金属屋根材の接合部に用いられる金属の折り曲げ部分のことを指します。 ハゼ継ぎや子ハゼ掛けといった技術を用いて、異なる厚さの板を接合することができます。 ハゼの主な役割は以下の通りです。 1:防水性の向上 ハゼを用いることで、屋根材同士の隙間からの雨水の侵入を防ぐことができます。 これにより、屋根の防水性が向上し、雨漏りのリスクを低減できます。 2:強度の確保 ハゼによって屋根材同士を確実に接合することで、屋根全体の強度を高めることができます。 これは、強風や地震などの外的要因に対する屋根の耐久性を向上させます。 3:美観の向上 ハゼを用いた接合は、ボルトや釘を使用しないため、屋根表面の美観を損なうことがありません。 また、ハゼの形状やデザインを工夫することで、屋根の意匠性を高めることも可能です。 ハゼには、様々な種類があります。 代表的なものとして、以下のようなものが挙げられます。 ・一文字ハゼ:最も一般的なハゼで、二枚の板の端を直角に折り曲げて接合します。 ・馳木ハゼ:一文字ハゼよりも深く折り曲げたハゼで、より強固な接合が可能です。 ・レール掛けハゼ:片方の板にレール状の溝を設け、もう一方の板を差し込んで接合します。 これらのハゼを適材適所で使い分けることで、屋根の性能と美観を両立することができるのです。   □立平葺きの特徴とその施工方法 立平葺きは、屋根材を棟から軒先に向かって縦方向に設置する施工方法です。 この方法では、ハゼ締めと嵌合式という二つの異なる結合技術が用いられます。 立平葺きの主な特徴は以下の通りです。 1:優れた防水性 立平葺きでは、屋根材の重なり方向と雨水の流れる方向が一致するため、雨水が屋根材の隙間に入り込みにくくなります。 これにより、高い防水性を実現できます。 2:施工の迅速性 嵌合式の結合方法を用いることで、現場での加工と取り付けがスムーズに行えます。 これにより、施工期間の短縮が可能となります。 3:軽量で耐震性に優れる 立平葺きに用いられる金属屋根材は軽量であるため、建物全体の重量を抑えることができます。 また、屋根材同士がしっかりと結合されているため、地震の揺れに対する耐性も高くなります。 立平葺きの施工手順は、以下のようになります。 1:下地の準備 屋根下地に防水シートを敷設し、その上に縦桟を取り付けます。 縦桟は、屋根材を固定するための基礎となります。 2:屋根材の取り付け 屋根材を縦桟に沿って、棟から軒先に向かって順次取り付けていきます。 屋根材同士は、ハゼ締めまたは嵌合式によって結合します。 3:棟の処理 棟の部分は、専用の棟包み材を用いて防水処理を行います。 これにより、屋根の頂点部分からの雨水の侵入を防ぎます。 4:軒先の処理 軒先には、雨樋を取り付けて雨水を排水します。 また、軒先の屋根材は、風の巻き上げを防ぐために、しっかりと固定する必要があります。 以上のような手順で施工された立平葺きの屋根は、優れた防水性と耐久性を発揮します。 ただし、断熱性や遮音性には課題があるため、必要に応じて断熱材や遮音材を併用することが推奨されます。   □まとめ 本記事では、金属屋根の施工に欠かせないハゼの役割についてご紹介しました。 何か質問等あれば、いつでもご相談ください。   深井塗装は創業以来、地域のお客様に高品質塗装×安心をご提供するため、実績と信頼の老舗塗料メーカー「アステックペイント」の塗料を取り扱い、施工実績を積み重ねてきました! 今回も定期開催しているカラー紹介を行っていきます。 今回は「ブロークンホワイト(色番号:8091)」です。 ブロークンホワイトは、温かみのある黄みがかった白色です。アステックペイントの中でも根強い人気を誇るこの色は、日本の景観と調和しやすく、明るく優しい印象を与えます。建物の和洋を問わず、どのスタイルにもオールマイティーに使えるのが魅力です。ニュートラルホワイトに比べて、より明るく温かみのある仕上がりになります。

New

足立区・東京23区・埼玉県南部地域密着!
お客様の大切なお家を
守ります
ご相談見積り診断無料です!!

0120-121-888 【営業時間】8:00~19:00

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約でQUOカード進呈!!来店予約はこちら
  • クオカード進呈お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!