スタッフブログ

  • TOP  >  
  • スタッフブログ  >  
  • 外壁張り替えの費用相場は?メリット・デメリットも解説!

外壁張り替えの費用相場は?メリット・デメリットも解説!

2023.12.18

みなさん、こんにちは!! 外壁屋根の塗装専門店の深井塗装です!

深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型外壁塗装専門店です。

◎深井塗装のサービス内容

外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事

外壁の剥がれが目立ち始めた時、多くの方が直面するのが「外壁張り替え」の必要性ですよね。

しかし、これに伴う費用と工事のメリット・デメリットについて詳しく理解している方は多くありません。
そこで今回は、外壁張り替えの費用相場と、外壁張り替えのメリットとデメリットについて解説します。
この情報が、外壁工事を検討している皆さんの参考となれば幸いです。

□外壁張り替えの費用相場

一般的な30坪の住宅において、外壁張り替えの費用相場は約180万円から280万円とされています。
この費用の範囲は、使用する外壁材によって大きく変動します。

*外壁材の種類と単価

使用する外壁材の種類によって単価は大きく異なります。
例えば、窯業系サイディングは1平方メートルあたり3500円から5000円の範囲内であり、比較的経済的な選択肢です。

一方で、金属サイディングは単価が1平方メートルあたり6000円から9000円と高くなる傾向にあります。
これは、材質による耐久性やメンテナンスの頻度、美観などの違いに起因します。

*撤去作業と工事期間

外壁張り替えには既存の外壁を撤去する工程が含まれます。
これにより、作業日数が長くなる傾向があり、結果として費用が高くなる要因の1つとなっています。
外壁張り替えをする際は、これらの作業による費用を計画段階でしっかりと見積もることが重要です。

□外壁張り替えのメリットとデメリット

外壁張り替えを検討するにあたり、外壁張り替えのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

1.メリット

外壁の劣化は、単なる見た目の問題だけでなく、建物の保護機能の低下にもつながります。
張り替え工事によって、これらの問題は根本的に解決され、建物の機能が向上します。

また、外壁の厚みが変わらないため、耐震性に悪影響を与えることもありません。
最新の外壁材は機能性が高く、耐久性や省エネ性能などが向上しています。

2.デメリット

上記のようなメリットがある一方で、デメリットも無視できません。
外壁張り替え工事は高額であり、特に撤去と廃材処分にかかる費用が大きな負担となることがあります。

そして、工事期間が長いため、仮住まいが必要になる場合もあります。
既存の外壁材にアスベストが含まれている場合、その処理には特別な注意と追加費用が必要です。

□まとめ

外壁張り替えは、美観の向上と建物保護の両面で大きなメリットをもたらします。

しかし、それには高額な費用や長期間の工事が伴います。
これらのメリットとデメリットを十分に考慮し、外壁張り替えを検討する際は、適切な計画と準備が必要です。
ご自身の住宅の状態と予算を総合的に考慮した上で、最適な外壁材を選択し、理想的な家のメンテナンスを目指しましょう。

監修者情報

代表挨拶

深井塗装が提案する塗装プランは、お客様の住まいに最適な塗料と施工方法を選択しています。定期的な塗装は、見た目を一新させると同時に、家の腐食や劣化を防ぐための役割を果たしています。

深井塗装では、施工前に近隣への配慮も忘れず、あいさつまわりやお知らせチラシを投函しているので、これまで施工中に近隣トラブルが起こったことはありません。東京都でのアステック施工実績No.1を獲得していることも、深井塗装の大きな強みです。

代表はもちろん、スタッフや職人と一丸となり、お問い合わせからアフターフォローまで、全力で作業していきます。

スタッフ紹介はこちら