スタッフブログ

  • TOP  >  
  • スタッフブログ  >  
  • 無機塗料で起こり得るトラブルは?外壁塗装で気を付けたいポイントもご紹介!

無機塗料で起こり得るトラブルは?外壁塗装で気を付けたいポイントもご紹介!

2024.02.07

みなさん、こんにちは!! 外壁屋根の塗装専門店の深井塗装です!

深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型外壁塗装専門店です。

◎深井塗装のサービス内容

外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事

外壁塗装を検討している方々にとって、無機塗料はその耐候性や美観で注目される選択肢です。

しかし、その特性や適用における注意点を理解することは、理想的な外壁塗装を実現する上で不可欠です。
本記事では、無機塗料を使用する際に生じる可能性のあるトラブルと、それを避けるための具体的なアドバイスをご紹介します。
外壁塗装を考えている方々は、ぜひ参考にしてください。

□無機塗料で起こり得る外壁塗装のトラブル

1:高価格の問題

無機塗料は耐候性に優れているため、価格が高くなりがちです。
この高価格は、初期投資としては大きな負担となることがあります。

しかし、長期的な耐用年数を考慮すれば、コストパフォーマンスは良いと言えるでしょう。
無機塗料を選択する際には、その性能と耐久性を考慮した説明を施工会社に求めることをおすすめします。

2:ひび割れのリスク

無機塗料は固い塗膜を形成するため、ひび割れを起こしやすいという特性があります。
特に、建物の内部でのひびや地震などの外部からの衝撃は、塗膜の割れを引き起こす主な原因です。
この問題を防ぐためには、柔軟性に優れた無機系塗料の選択が推奨されます。
例えば、アステックペイントの無機ハイブリッドコートのような製品は、この問題に対処するための選択肢となり得ます。

□無機塗料で外壁塗装する際の注意点

*高い耐候性と価格のバランス

無機塗料は耐候性に優れていますが、その分価格も高くなります。
特に新築や築年数の浅い建物には最適ですが、築年数が経過した建物には贅沢な選択となることもあります。
外壁塗装においては、コストパフォーマンスや費用対効果を考慮し、現在の建物状況に合わせた塗料の選択が重要です。
最高級の塗料を求める方には適していますが、経済性を重視する方は慎重な選択が求められます。

*地震によるクラックリスクと保険の重要性

無機塗料の塗膜は固く、地震などの衝撃によりひび割れを起こしやすいというデメリットがあります。
日本のように地震が多い国では、このリスクを考慮することが重要です。
地震保険への加入や、伸縮性のある無機塗料の選択は、このリスクを軽減するための有効な手段です。
最近では、伸縮性を持つ無機塗料も開発されており、ひび割れを懸念する方にはこれらの製品が推奨されます。

□まとめ

この記事では、無機塗料を使用する際の外壁塗装のトラブルと、それらを避けるための注意点をご紹介しました。
無機塗料はその耐候性や美観で魅力的ですが、高価格やひび割れのリスクなど、考慮すべき点も多くあります。
これらの情報を理解し、適切な選択を行うことで、理想的な外壁塗装を実現できるでしょう。
外壁塗装を検討している方々にとって、この記事が有益な情報源となることを願っています。

監修者情報

代表挨拶

深井塗装が提案する塗装プランは、お客様の住まいに最適な塗料と施工方法を選択しています。定期的な塗装は、見た目を一新させると同時に、家の腐食や劣化を防ぐための役割を果たしています。

深井塗装では、施工前に近隣への配慮も忘れず、あいさつまわりやお知らせチラシを投函しているので、これまで施工中に近隣トラブルが起こったことはありません。東京都でのアステック施工実績No.1を獲得していることも、深井塗装の大きな強みです。

代表はもちろん、スタッフや職人と一丸となり、お問い合わせからアフターフォローまで、全力で作業していきます。

スタッフ紹介はこちら