スタッフブログ

  • TOP  >  
  • スタッフブログ  >  
  • 瓦屋根に合う外壁の色とは?色の組み合わせについて紹介します!

瓦屋根に合う外壁の色とは?色の組み合わせについて紹介します!

2024.02.10

みなさん、こんにちは!! 外壁屋根の塗装専門店の深井塗装です!
深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型外壁塗装専門店です。

◎深井塗装のサービス内容
外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事

瓦屋根と外壁の美しい調和。
その選択に、家の顔とも言える外観の命運がかかっています。
美しい家を長く維持したい、そんな願いは誰しもが持つものです。

瓦屋根に最適な外壁材と色は一体どのように選ぶべきでしょうか。
外観を美しく保つための選択について、この記事を読むことで新たな発見があるはずです。

□瓦屋根と調和する外壁材の選び方

外壁材の選択は、瓦屋根との調和を考える上で大きな課題です。
主要な選択肢としてサイディング、モルタル、漆喰、タイルがありますが、それぞれに異なる特徴があります。

1:サイディング

カラーやデザインのバリエーションが豊富なサイディングは、瓦屋根との相性が良いです。
しかし、10年前後での外壁塗装の必要性や、耐用年数が比較的短いことが考慮されるべき点です。

2:モルタル

モルタルは、表面仕上げの自由度が高く、和風から洋風まで幅広いデザインに対応可能です。
耐用年数はサイディングと同様ですが、その表現力の高さは魅力的です。

3:漆喰

純和風や南欧風の家に適した漆喰は、手作業による自由なデザインが可能です。
ただし、メンテナンスコストが高く、施工に高度な技術が必要です。

4:タイル

耐久性が高く、豊富なカラー・サイズ・表面加工のバリエーションを持つタイルは、和風からモダンな家まで多様なデザインに適応します。
初期費用は高いものの、長期的に見ればコストパフォーマンスが高いです。

□外壁と屋根の美しい色の組み合わせ

瓦屋根の色に合わせた外壁の色選びは、家全体の美観を左右する重要な要素です。
特に、瓦屋根の色に合わせて適切な外壁色を選ぶことで、調和のとれた美しい外観を実現できます。

1:瓦屋根の場合

和瓦の場合、外壁を明るい色にすると爽やかな印象を、暗い色にすると高級感を演出し、和モダンな雰囲気を作れます。
洋瓦の場合は、ベージュやホワイトなどの明るい色がおすすめです。

2:黒い屋根の場合

黒い屋根はどのような外壁色にも合わせやすい特性があります。
暗めの色と組み合わせると高級感があり、明るい色との組み合わせはスタイリッシュな印象になります。
特にホワイト、ベージュ、グレーがおすすめです。

3:赤い屋根の場合

赤い屋根は存在感があるため、ホワイト、ベージュ、茶色など、比較的落ち着いた色が適しています。
特に、赤よりのベージュや茶色は、赤い屋根と特にマッチしやすいです。

□まとめ

この記事では、瓦屋根に調和する外壁材の選び方と、外壁と屋根の色の美しい組み合わせについて解説しました。
サイディング、モルタル、漆喰、タイルなどの外壁材は、それぞれ独自の特徴を持ち、異なる瓦屋根のタイプによって最適な色の組み合わせも異なります。
美しい家の外観を実現するためには、これらのポイントを考慮し、瓦屋根と外壁の調和を図ることが重要です。

監修者情報

代表挨拶

深井塗装が提案する塗装プランは、お客様の住まいに最適な塗料と施工方法を選択しています。定期的な塗装は、見た目を一新させると同時に、家の腐食や劣化を防ぐための役割を果たしています。

深井塗装では、施工前に近隣への配慮も忘れず、あいさつまわりやお知らせチラシを投函しているので、これまで施工中に近隣トラブルが起こったことはありません。東京都でのアステック施工実績No.1を獲得していることも、深井塗装の大きな強みです。

代表はもちろん、スタッフや職人と一丸となり、お問い合わせからアフターフォローまで、全力で作業していきます。

スタッフ紹介はこちら