スタッフブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > スタッフブログ > 外壁の色あせの原因は?外壁塗装で色あせしにくい塗料の色もご紹介!

外壁の色あせの原因は?外壁塗装で色あせしにくい塗料の色もご紹介!

New 2023.09.13 (Wed) 更新

みなさん、こんにちは!! 外壁屋根の塗装専門店の深井塗装です!

深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型外壁塗装専門店です。

◎深井塗装のサービス内容
外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事

住宅の外壁は、時が経つと色あせることがあります。
そこで、外壁の色あせの原因について気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、外壁の色あせの原因について解説します。
また、色あせしにくい色についてもご紹介しますので、外壁の色あせにお困りの方はぜひ参考にしてください。

 

□外壁の色あせの原因

外壁の色あせの原因は複数考えられます。
以下で確認していきましょう。

*劣化

外壁の色あせの主な原因は、紫外線による色素の劣化です。
外壁は、日が当たる日中は常に紫外線を浴びています。
紫外線は塗料の色のもととなる顔料の結びつきを破壊するため、紫外線を多く浴びることで、色あせてしまうのです。

*素材の変質

外壁の素材は、日光や酸素、水などによって変質する可能性があります。
代表的な例としては、金属の酸化です。
素材が変質すると変色し、色あせて見えることもあります。


深井塗装は、足立区・北区・荒川区・葛飾区を中心に地域密着外壁塗装・屋根塗装を行っています。技術・価格・対応のすべてにおいて、自信を持ってサービスを提供しています。住まいの外観についてお困りの際は、公式LINEメールフォーム・お電話よりぜひお気軽にお相談ください。


□色あせしにくい塗料の色

外壁の色あせの多くは外壁が劣化している証拠であり、近いうちに外壁塗装する必要があります。
外壁を新しい色で塗り直せるため、この際に色あせしにくい色を選ぶのもおすすめです。
以下で、色あせしにくい塗料についていくつか見ていきましょう。

1:ホワイト

ホワイトは太陽光をよく反射する性質を持っています。
紫外線の影響を受けにくいため、色あせしにくい色の1つです。

ただし、コケやカビなどにより汚れが目立ちやすいという面もあります。

2:グレー

グレーは、ホワイトとブラックの中間色です。
ホワイトの要素があるため紫外線の影響を受けにくく、色あせしにくいのが特徴です。
また、レッドのような原色よりも色あせが目立ちにくいという面も持ち合わせています。

3:ブラウン

ブラウンは、劣化による色の変化が小さいという特徴があります。
そのため、たとえ劣化してもそれほど色あせを実感しません。
また、コケやカビなどの色と近いため、汚れが目立ちにくいのもポイントです。

4:ベージュ

ベージュも色味がホワイトに近いため、色あせしにくくなっています。
また、外壁をベージュにすることで全体に明るくあたたかい印象を与えられるため、外壁塗装で人気の色の1つです。

 

□まとめ

住宅の外壁は、紫外線による劣化や素材の変質により、次第に色あせていきます。
住宅の外観を長期的に美しく保ちたいという方は、色あせしにくい色で外壁塗装してみると良いでしょう。
外壁塗装をご検討される際は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

足立区地域密着!
お客様の大切なお家を
守ります
ご相談見積り診断無料です!!

0120-121-888 【営業時間】8:00~19:00

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約でQUOカード進呈!!来店予約はこちら
  • クオカード進呈お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!