スタッフブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > スタッフブログ > 外壁塗装の費用を賢く活用!確定申告で知るべき税金還付の条件と手続き方法をご紹介!

外壁塗装の費用を賢く活用!確定申告で知るべき税金還付の条件と手続き方法をご紹介!

New 2024.03.29 (Fri) 更新

みなさん、こんにちは!! 外壁屋根の塗装専門店の深井塗装です!
深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型外壁塗装専門店です。
◎深井塗装のサービス内容
外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事

外壁塗装とその確定申告。
費用対効果と税務上のメリットを追求するあなたにとって、このテーマは無視できないはずです。
外壁塗装の費用をどう効率良く活用し、税務上のメリットを最大化できるかは重要な疑問です。
この記事が、その疑問に答え、費用対効果を最適化するためのポイントをご紹介します。

□外壁塗装をする上で知っておくべき確定申告の基礎知識

外壁塗装の費用を確定申告で取り扱うことで税金還付を受ける可能性があります。
以下の6つの基本条件に注目して、還付を受けるための知識を深めましょう。

1:申告者の自宅であることの確認

外壁塗装が適用される自宅は、申告者が所有し実際に居住している必要があります。
居住は連続している必要があり、外壁塗装後6ヶ月以内に居住を開始し、控除適用年の12月31日時点で居住していることが求められます。

2:居住スペースの割合に関する要件

住宅の床面積の半分以上を居住スペースとして利用していることが必要です。
特に50平米以上の住宅で、自営会社は自宅の使用状況を注意深く確認する必要があります。

3:工事費用に関する基準

外壁塗装の工事費用は100万円を超える必要があり、そのうちの半額以上が居住スペースの改善に使われている必要があります。
この点は、税務上のメリットを享受するための重要な条件です。

4:ローン返済期間の要件

ローンは10年以上の返済期間を設定する必要があり、一部のケースではローンの年利が0.2%以上であることも要求されます。
借入先によっては適用外となる場合もあるため、具体的な条件を金融機関に確認することが推奨されます。

5:申告者の年間所得金額

申告者の年間所得が2,000万円以下であることが条件です。
この所得には給与だけでなく、利子や配当、不動産所得なども含まれます。

6:他の住宅関連控除制度の非適用

外壁塗装を行った住宅に対して、対象年とその前後2年間で計5年間、長期譲渡所得の課税特例といった他の住宅関連控除を受けていないことが必要です。

□外壁塗装の確定申告をスムーズに行うための準備と手続き

外壁塗装の費用を確定申告する際には、計画的な準備と正確な手続きが必要です。
以下に、外壁塗装の確定申告を円滑に進めるために詳細化した3ステップを紹介します。

*書類準備の準備

確定申告に必要な書類は、工事契約書、領収書、ローン契約書など、具体的な支出やローンの情報を示すものです。
これらの書類は申告の根拠となるため、早めに集め、申告期限に間に合うよう準備を進めることが重要です。

*書類記入のポイント

必要書類への記入は、すべての情報を正確に、漏れなく記載することが求められます。
特に、工事の詳細や費用、ローン情報に誤りがないよう注意を払いましょう。
不明点がある場合は、事前に専門家に相談することをおすすめします。

*提出方法の選択とその詳細

提出方法は、オンライン(e-Tax)、直接税務署への持参、郵送、税理士による代行の4つから選べます。
オンライン提出は便利で迅速ですが、マイナンバーカードやID、パスワードが必要です。
直接持参や郵送の場合は、提出期限を厳守する必要があります。
また、手続きに不安がある場合は、税理士に依頼することも一つの選択肢となり、その場合は事前の無料相談を活用することで、スムーズな申告が可能になります。

□まとめ

外壁塗装の費用を確定申告で適切に取り扱うことで、税金還付を受ける可能性が高まります。
基本条件の理解と、確定申告のスムーズな進行のための準備が重要となります。
本記事で紹介したポイントを参考に、外壁塗装の費用を有効に活用しましょう。

足立区地域密着!
お客様の大切なお家を
守ります
ご相談見積り診断無料です!!

0120-121-888 【営業時間】8:00~19:00

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約でQUOカード進呈!!来店予約はこちら
  • クオカード進呈お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!