スタッフブログ

  • TOP  >  
  • スタッフブログ  >  
  • 外壁塗装の期間と流れを徹底解説!計画的に工事を進めるためのガイド

外壁塗装の期間と流れを徹底解説!計画的に工事を進めるためのガイド

2023.12.22

みなさん、こんにちは!! 外壁屋根の塗装専門店の深井塗装です!

深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型外壁塗装専門店です。

◎深井塗装のサービス内容

外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事

家の外壁塗装は、住まいの美観を保ち、建物を守るために欠かせないメンテナンスです。
戸建て住宅にお住まいの方の中には、外壁塗装の必要性に気付き、検討されている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

外壁塗装をする上で知っておくべき重要な情報に、その工事の期間や流れがあります。
今回は、外壁塗装の標準的な期間と、外壁塗装工事の流れについて解説します。

□外壁塗装の期間とは?

外壁塗装の工期は一般に、家の大きさや塗装範囲によって異なります。
例えば、30坪前後の2階建て住宅の場合、塗装期間は7〜10日前後が目安です。
これに屋根塗装も含めると、工期はさらに伸び、10〜14日程度を見込む必要があります。
また、外壁塗装の工期が変化する要因として、主に以下の3つが挙げられます。

*住宅のサイズと工事範囲

住宅のサイズと塗装する範囲は、工期に大きく影響を与えます。
通常、小規模な住宅や塗装範囲が限られる場合は、工事期間も短くなります。

*天候と環境

外壁塗装は天候に左右されることが多いです。
雨天では作業が中断されるため、梅雨の時期に外壁塗装をすると、なかなか工事が進まないことがあります。

*塗装の質と方法

使用する塗料の種類や塗装方法によっても、工期は変わります。
長持ちする高品質の塗装を望む場合、それ相応の時間が必要となります。

□外壁塗装工事の流れ

外壁塗装工事をトラブルなく成功させるためには、計画的に進めることが重要です。
工事を都合の良い日程に合わせるためにも、以下で外壁塗装工事全体の流れをつかんでおきましょう。

1.近隣への挨拶と足場設置

近隣住民への配慮として、作業開始前に挨拶を行います。
その後、安全かつ効率的な作業のために足場が設置されます。

2.外壁の洗浄と下地処理

外壁の汚れを高圧洗浄機で除去し、次に下地処理を行います。
この段階で外壁の状態を確認し、必要な補修を行うこともあります。

3.塗装工程(養生・下塗り・中塗り・上塗り)

周囲への塗料の飛散を防ぐために養生を行い、その後、下塗り、中塗り、上塗りと順に進めます。
各工程で塗料の乾燥時間を確保することが、成功のポイントです。

4.自主点検と足場解体

最終的に塗装業者による自主点検が行われ、問題がなければ足場を解体し、工事は完了します。
この段階での確認は、塗装の品質を保証するために重要です。

□まとめ

外壁塗装の工期は、家の大きさや塗装範囲、使用する塗料や塗装方法によって異なりますが、一般的な2階建て住宅では7〜14日が目安です。
工事の流れは、近隣への挨拶から始まり、足場の設置、外壁の洗浄、下地処理、各塗装工程、そして自主点検と足場の解体に至ります。
ご紹介した情報をもとに、外壁塗装の計画を立て、スムーズな工事進行を目指しましょう。

監修者情報

代表挨拶

深井塗装が提案する塗装プランは、お客様の住まいに最適な塗料と施工方法を選択しています。定期的な塗装は、見た目を一新させると同時に、家の腐食や劣化を防ぐための役割を果たしています。

深井塗装では、施工前に近隣への配慮も忘れず、あいさつまわりやお知らせチラシを投函しているので、これまで施工中に近隣トラブルが起こったことはありません。東京都でのアステック施工実績No.1を獲得していることも、深井塗装の大きな強みです。

代表はもちろん、スタッフや職人と一丸となり、お問い合わせからアフターフォローまで、全力で作業していきます。

スタッフ紹介はこちら