スタッフブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > スタッフブログ > 外壁塗装をしないとどうなる?劣化のサインもご紹介!

外壁塗装をしないとどうなる?劣化のサインもご紹介!

New 2023.10.25 (Wed) 更新

みなさん、こんにちは!! 外壁屋根の塗装専門店の深井塗装です!

深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型外壁塗装専門店です。

◎深井塗装のサービス内容

外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事

外壁塗装は、住宅の美観を保つだけでなく、住宅の寿命を延ばすための大切なメンテナンスの1つです。

しかし、外壁塗装の真の価値や、それを怠った場合のリスクを知らない方も多いのではないでしょうか。
今回は、外壁塗装しないリスクと、外壁塗装が必要な劣化症状について解説します。

 

□外壁塗装をしないとどうなるのか?

何十年も外壁塗装しないで放置し続けるとどうなるのでしょうか。
以下で確認していきましょう。

1.外壁の劣化について

外壁の塗装を適切なタイミングで行わないと、塗膜の劣化や色褪せ、変色、チョーキング現象(塗膜の粉化)やひび割れなど、様々な外壁の劣化現象が進行します。
これらの劣化現象は、見た目の問題だけでなく、家の寿命を短縮する要因ともなるのです。

特に、塗膜の劣化は、外部からの水分や紫外線などの影響を受けやすくなり、これが家の構造部分へのダメージを引き起こす可能性が高まります。

2.雨漏りのリスクについて

外壁の劣化が進行すると、ひび割れや隙間が生じ、これが雨水の浸入経路となります。
初期の段階では、外壁からの雨水の浸入は目立たないかもしれませんが、時間とともに雨漏りの原因となり、家の構造部分や内部の家具、家電製品に深刻なダメージを与える可能性があります。

また、雨漏りが進行すると、木材の腐食や金属部分の錆び、さらにはカビの発生など、多くの問題を引き起こす可能性があります。

3.害虫の侵入について

外壁の劣化やひび割れは、害虫の侵入経路ともなります。
特に、シロアリやゴキブリなどの害虫は、家の構造部分を食い荒らす恐れがあり、これが家の寿命を短縮する大きな要因となるのです。

シロアリは、木材を食べることで家の基盤を弱らせるだけでなく、その活動によって家の中の湿度が上がり、カビの発生を促進させる可能性もあります。

 

□外壁塗装が必要なサイン

外壁塗装のタイミングを見極めるためには、外壁の状態を定期的にチェックすることが重要です。
以下で、外壁塗装が必要なサインについて見ていきましょう。

*クラックの発生

小さなクラックであれば塗装で対処可能ですが、幅1mm以上のクラックは外壁塗装による補修が必要です。

*塗膜の剥がれ

塗膜が剥がれている場合、外壁塗装や張り替えが必要です。
放置すると、外壁の劣化が進行してしまいます。

*雨漏りや下地の腐食

外壁からの雨漏りや下地の腐食が見られる場合、外壁塗装だけでは対処できないこともあります。
見つけた際は、速やかに外壁塗装や張り替えを検討する必要があります。

 

□まとめ

外壁塗装を怠ると、家の寿命が短くなるだけでなく、雨漏りや害虫の侵入などのリスクが高まります。
定期的な外壁のチェックと、適切なタイミングでの外壁塗装で、家を長持ちさせましょう。
外壁塗装をご検討される際は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

足立区地域密着!
お客様の大切なお家を
守ります
ご相談見積り診断無料です!!

0120-121-888 【営業時間】8:00~19:00

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約でQUOカード進呈!!来店予約はこちら
  • クオカード進呈お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!