スタッフブログ

  • TOP  >  
  • スタッフブログ  >  
  • ツートン外壁をおしゃれに仕上げるポイントは?おすすめの組み合わせもご紹介!

ツートン外壁をおしゃれに仕上げるポイントは?おすすめの組み合わせもご紹介!

2024.01.30

みなさん、こんにちは!! 外壁屋根の塗装専門店の深井塗装です!

深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型外壁塗装専門店です。

◎深井塗装のサービス内容

外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事

外壁塗装は、家の外観を決定づける重要な要素です。
特に、ツートンカラーの外壁は、その洗練されたデザインで多くの人々を魅了しています。

しかし、ただ単に色を選ぶだけではなく、おしゃれで統一感のある外観を実現するには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。
今回は、ツートンカラーの外壁を計画している方々に向けて、その魅力を最大限に引き出すためのポイントと、おすすめの色の組み合わせをご紹介します。

□おしゃれなツートン外壁に仕上げるポイント

*附帯物を含め3色以内にまとめる

ツートンカラーの外壁を計画する際、色の選択は非常に重要です。
屋根や窓枠などの附帯物を含め、色は3色以内に抑えることで、全体に統一感をもたらし、洗練された外観を実現できます。
4色以上を使用すると、統一感が失われ、おしゃれな印象から遠ざかってしまうため、3色ルールを守ることが肝心です。

*必ず同系色から選ぶ

外壁の色選びでは、同系色から選ぶことが重要です。
白はどんな色にも馴染みますが、基本的には寒色系なら寒色、暖色系なら暖色から3色を選ぶと、失敗が少なくなります。
同系色の中でも、白とグレー、淡いブラウンとダークブラウンなど、近い色味から選ぶと、よりナチュラルで洗練された外観になりますよ。

*配色の比率も考える

配色の比率にも注意を払いましょう。
通常、ツートンのうち1色がメインカラー、もう1色がアソートカラー、3色目がアクセントカラーとなります。
これらの比率は「70:20:10」が理想的で、全体的にバランスの良い外観を実現できます。

□ツートン外壁のおすすめの組み合わせ

1:白×黒

白と黒の組み合わせは、格調高くシックな印象を与えます。
白色は透明感があり、黒色との組み合わせで相性が抜群です。
ただし、純度の高い白色は汚れが目立ちやすいため、グレーを少し混ぜることで、汚れを目立ちにくくし、黒色との相性も良くなります。

2:白×ブラウン

白とブラウンの組み合わせは、上品で落ち着いた印象を与えます。
白色は清潔感がありますが、汚れが目立ちやすいというデメリットもあります。
ブラウン系のカラーを組み合わせることで、白色のデメリットをカバーし、周囲の景観に溶け込みやすい外観を実現できますよ。

3:クリーム×グレー

クリームとグレーの組み合わせは、清潔感がありつつスタイリッシュな外観に仕上がります。
グレーは汚れが目立ちにくい色で、特に北面や1階の外壁に適しています。
クリーム色を2階部分に使用することで、おしゃれさと汚れにくさを両立できますよ。

4:グレー×ブラウン

グレーとブラウンの組み合わせは、汚れが目立ちにくく、シックな印象を与えます。
特に、和風モダンの家にマッチしやすいため、こまめな外壁の掃除を省きたい方におすすめです。

□まとめ

今回は、おしゃれなツートン外壁に仕上げるためのポイントと、おすすめの色の組み合わせをご紹介しました。
ツートンカラーの外壁は、適切な色の選択と配色の比率によって、家の外観を大きく左右します。
色選びや配色の比率に注意を払いながら、理想の外壁を実現しましょう。

監修者情報

代表挨拶

深井塗装が提案する塗装プランは、お客様の住まいに最適な塗料と施工方法を選択しています。定期的な塗装は、見た目を一新させると同時に、家の腐食や劣化を防ぐための役割を果たしています。

深井塗装では、施工前に近隣への配慮も忘れず、あいさつまわりやお知らせチラシを投函しているので、これまで施工中に近隣トラブルが起こったことはありません。東京都でのアステック施工実績No.1を獲得していることも、深井塗装の大きな強みです。

代表はもちろん、スタッフや職人と一丸となり、お問い合わせからアフターフォローまで、全力で作業していきます。

スタッフ紹介はこちら