スタッフブログ

  • TOP  >  
  • スタッフブログ  >  
  • 外壁にアクセントカラーを取り入れるメリットは?上手な使い方もご紹介!

外壁にアクセントカラーを取り入れるメリットは?上手な使い方もご紹介!

2024.01.22

みなさん、こんにちは!! 外壁屋根の塗装専門店の深井塗装です!

深井塗装は国家資格を保有する自社職人が施行している地域密着型外壁塗装専門店です。

◎深井塗装のサービス内容

外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事

外壁塗装は、住宅の印象を大きく左右する要素の1つです。
特に、アクセントカラーの取り入れ方は、家の外観に大きな影響を与えます。
この記事では、外壁にアクセントカラーを取り入れることのメリットと、その上手な使い方について解説します。
外壁塗装を検討中の方や、住宅の外観に変化を加えたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

□外壁にアクセントカラーを取り入れるメリット

1:住宅全体の印象を一新

アクセントカラーを用いることで、住宅の外観は劇的に変化します。
全体の雰囲気が引き締まり、新鮮な印象を与えられます。
特に、ベースカラーがシンプルな場合、アクセントカラーの効果は顕著に現れ、住宅の特徴を際立たせることが可能です。
複数の色を組み合わせることで、さらに個性的で魅力的な外観を演出できますよ。

2:ベースカラーを引き立てる

アクセントカラーは、ベースカラーをより一層引き立てる役割を果たします。
濃い色を選ぶことで、ベースカラーの美しさが強調され、住宅の外観が洗練された印象になります。
この際、アクセントカラーとベースカラーのバランスを適切に取ることが重要で、色の組み合わせによっては、全く異なる雰囲気を創出できます。

3:周辺環境との調和

アクセントカラーを選ぶ際には、周囲の環境との調和も考慮することが大切です。
周辺の景観に合わせた色選びをすることで、住宅が自然に環境に溶け込み、調和の取れた美しい外観を実現できます。

ただし、地域によっては外壁の色に関する規制があるため、事前の確認が必要です。

□アクセントカラーの上手な使い方

*割合は外壁全体の5%前後に収める

アクセントカラーの効果を最大限に発揮するためには、その割合を適切に保つことが重要です。
外壁全体の5%前後が理想的な割合とされており、これにより全体のバランスが保たれ、洗練された外観になります。
3色を用いる場合は、ベースカラー約70%、アソートカラー約25%とすることで、バランスの取れた美しい外壁に仕上がります。

*付帯部にアクセントカラーを入れる

付帯部分にアクセントカラーを取り入れることで、外壁に綺麗なラインが生まれ、引き締め効果が高まります。
雨どいや幕板など、住宅の角やラインにアクセントカラーを施すことで、他の住宅と差をつけられます。

また、上下で色を分けたい場合は、横ラインになる部分にアクセントカラーを入れると良いでしょう。

□まとめ

アクセントカラーを取り入れることは、外壁塗装において単なる色の追加以上の価値をもたらします。
住宅の全体的な印象を一新させ、周囲の環境との調和を図れると同時に、ベースカラーの美しさをさらに引き立てる効果があります。
適切な割合と部分への施工により、住まいの魅力を最大限に引き出すことが可能になります。

これらのポイントを踏まえて、アクセントカラーを上手に取り入れることで、あなたの住宅をより一層際立たせましょう。

監修者情報

代表挨拶

深井塗装が提案する塗装プランは、お客様の住まいに最適な塗料と施工方法を選択しています。定期的な塗装は、見た目を一新させると同時に、家の腐食や劣化を防ぐための役割を果たしています。

深井塗装では、施工前に近隣への配慮も忘れず、あいさつまわりやお知らせチラシを投函しているので、これまで施工中に近隣トラブルが起こったことはありません。東京都でのアステック施工実績No.1を獲得していることも、深井塗装の大きな強みです。

代表はもちろん、スタッフや職人と一丸となり、お問い合わせからアフターフォローまで、全力で作業していきます。

スタッフ紹介はこちら