スタッフブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > スタッフブログ > 外壁塗装のコーキングの役割や流れをご紹介します!

外壁塗装のコーキングの役割や流れをご紹介します!

New 2021.09.02 (Thu) 更新

コーキングは、外壁塗装する際に重要な役割を担っています。
コーキングは必要であるのかどうか疑問に思われがちですが、とても重要であり、実は簡単なステップで完了します。
そこで、今回はコーキングの役割とその一連の流れについて解説します。

◎深井塗装のサービス内容
外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事・防水工事・シーリング工事

□外壁塗装におけるコーキングの役割

コーキングとは外壁のひび割れを埋め、外壁材自体の隙間を埋める素材あるいは工事のことを指します。
ここでは、コーキングの主な役割について解説します。

*雨や汚れを防ぐ

コーキングには、外壁を雨や汚れから守る役割があります。
外壁に雨水や汚れが入ってしまうと、建物の劣化が急速に進んでしまいます。
そこで、コーキングによりサイディングボードやALCパネルなどの外壁材同士の隙間を埋めることで、雨水や汚れが浸入しないようにできるのです。
その結果、建物の耐久性が向上し、より安全な住まいにできます。

*外壁がひび割れしにくくなる

コーキングには衝撃を吸収する機能があり、外壁のひび割れを防止する役割があります。
コーキングの素材は、ゴムのような弾力性を持つため、緩衝材として機能します。
万が一、地震などが発生した場合にも、大きな揺れや衝撃を吸収してくれるため、外壁材の劣化を防げるのです。

□外壁塗装のコーキングの流れ

コーキングを行う順序は以下の通りです。

1:コーキングの除去
カッターを用いて既存のコーキングを取り除きます。

2:溝の洗浄
丁寧に溝を洗浄することで、新しいコーキングの接着力が高まります。

3:養生する
外壁の周りを保護するために、ビニールなどで養生します。

4:下塗り材を塗る
コーキングを溝に密着させるため、下塗り材をしっかりと塗り、乾燥させます。

5:目地材を用いる
注入するときは、隙間ができないように多めに目地材を使用します。

6:平らにする
ヘラを使って、表面を満遍なく平らにします。
平らにすると、密着度が高まる上に、出来栄えも美しくなります。

7:養生を剥がす
作業が完了した後に養生を剥がします。

8:乾燥
完全に乾燥させるには、1週間程かかります。

□まとめ

今回は、コーキングの役割と作業の流れについてご紹介しました。
・雨や汚れを防ぐ
・外壁がひび割れにくくなる
以上がコーキングの主な役割です。
また、コーキングは流れをしっかりと把握した上で、適切に行うことが大切です。

当社は、騒音対策や事前の挨拶回りなど、近隣の方へ配慮した上で工事を行っています。
コーキングに関してお悩みや不安がある方は、当社までお気軽にご相談ください。

足立区地域密着!
お客様の大切なお家を
守ります
ご相談見積り診断無料です!!

0120-121-888 【営業時間】8:00~19:00

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約でQUOカード進呈!!来店予約はこちら
  • クオカード進呈お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!